/柔道五輪2度の金メダリスト内柴氏にセクハラ疑惑

柔道五輪2度の金メダリスト内柴氏にセクハラ疑惑

 2004年アテネ、08年北京五輪の男子柔道66キロ級金メダリストで、熊本・九州看護福祉大の女子柔道部コーチ・内柴正人客員教授(33)が、部員にセクハラをした疑いがあるとして、大学側から調査されていることが8日、分かった。

 9月下旬、被害女性の関係者から、内柴教授が学外でセクハラ行為をしたとの情報が大学側に寄せられ、調査委員会を設置。非公開で事実関係を調査中といい、年内にも調査結果をまとめるという。

 9日付のデイリースポーツ、サンケイスポーツ、日刊スポーツ、スポーツ報知各紙が報じており、大学ではセクハラ行為の具体的な内容について明らかにしていないが、内柴教授のセクハラ疑惑を取り上げた前日7日発売の週刊誌『週刊ポスト』(小学館)によると、大学関係者の話として「(内柴氏は)未成年の部員も含めて皆で酒を飲み、酔っ払ってセクハラまがいの行為をしてしまった」としている。

 大学は内柴氏が関係者との接触を避けるため、自宅待機を指示。内柴氏は弁護士に対応を一任しているという。