/ミスチル3年7ヶ月ぶりにシングル発売へ!桜井「真っすぐな気持ちで音楽制作」

ミスチル3年7ヶ月ぶりにシングル発売へ!桜井「真っすぐな気持ちで音楽制作」

 “ミスチル”ことロックバンド『Mr.Children』が4月18日に3年7ヶ月ぶりとなるシングル『祈り?涙の軌道/End of the day/pieces』を発売することが22日、分かった。

 ミスチルがシングルをリリースするのは2008年9月発売の『HANABI』以来。その間、アルバム1作と配信限定の4曲は発表していたが、34枚目のシングルはミスチルとしては初のトリプルA面になるという。

 23日付の日刊スポーツ、サンケイスポーツ、スポーツニッポン、東京中日スポーツ、デイリースポーツ各紙が報じており、『祈り?涙の軌道』は3月17日公開の映画『僕等がいた』前編の主題歌に、『pieces』は4月21日に公開する同作後編の主題歌。もう1曲の『End of the day』は今年初のレコーディングによって制作された曲となる。

 ボーカルの桜井和寿(41)は『僕等がいた』の公開に際し「この作品のいちファンとして、主人公たちの純粋さに、大いに影響を受けながら、そして、エンドロールで曲が流れるその瞬間をイメージして真っすぐな気持ちで音楽制作に取り組みました。物語と音楽が激しく絡み合うその時を僕も楽しみにしています」と、メッセージを寄せている。