/24時間テレビ マラソンランナーに佐々木健介&北斗晶ファミリー

24時間テレビ マラソンランナーに佐々木健介&北斗晶ファミリー

 「24時間テレビ35『愛は地球を救う』」の今年のチャリティーマラソンランナーが、プロレスラー・佐々木健介(45)と夫人で元プロレスラーのタレント・北斗晶(44)ら家族4人でのものに決定したことが2日、分かった。

 2人は同日、東京・東新橋の日本テレビで会見した。

 3日付のサンケイスポーツ、日刊スポーツ、スポーツニッポン、スポーツ報知、東京中日スポーツ、デイリースポーツ各紙が報じており、ランナーは健介、北斗、健之介君(13)、次男の誠之介君(9)で、初のリレー方式になるとのこと。

 オファーを受けて家族会議を開いたという北斗は「まず夫婦で話して、子供が嫌だと言ったら成立しない。翌日、長男は『オレ、やる』と即答し、次男は『走れないかもしれないけど頑張る』と言ってくれた」という。健介は「家族愛をつなぎながら、力を合わせて頑張りたい」と誓った。

 なお、距離やリレー方法などは未定。