/料理研究家・神田川俊郎さん 死去

料理研究家・神田川俊郎さん 死去

 料理研究家の神田川俊郎(本名・大竹俊郎)さんが25日、亡くなった。81歳だった。

 同日、NHKが報じており、神田川さんは新型コロナウイルスに感染し、大阪市内の病院で治療を受けていたという。

 神田川さんは1939年、京都市生まれ。有名料理店で修業を積んだあと、65年に大阪・北区で和食料理店を開いた。その後、複数の料理店の経営を手がけてきたほか、テレビ番組にも多数出演し、華麗な包丁さばきと「料理は心や」の決めゼリフなど、軽快なトークで人気を博した。

 また、全日本調理師協会の名誉会長を務め、全国各地で料理人の育成にも尽力。関係者によると、神田川さんは今月16日に自宅で体調を崩して病院に運ばれた後、新型コロナウイルスへの感染が確認されたという。入院し、治療を受けていたが、25日早朝に亡くなったとのこと。