/ZONEのTOMOKAが苦しみぬいて引退決意

ZONEのTOMOKAが苦しみぬいて引退決意

 今年8月に「10年後の約束」として復活した3人組ガールズバンド『ZONE』のTOMOKA(25)が、10月いっぱいで体調不良のため、芸能界を引退したと、31日付の公式ホームページで発表した。

 ≪以下、全文≫

 ZONEのTOMOKAこと西村 朝香 より皆さんへご報告があります。

 2011年10月31日

 実は今年の9月から体調不良で今もなお体調が悪く、勝手ではありますが10月いっぱいで芸能界を引退という形を取らせていただく事になりました。

 ファンの皆さんやメンバーやスタッフの皆さんには色々とご心配・ご迷惑をお掛けし、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 私としては年末まではZONEとしてチャリティーを絶対にやり切る!!と思っていましたが、無理して動く事により周りに沢山の迷惑や心配がかかる事に気付き…引退とゆう道を選ばせていただきました。

 応援してくれた皆さん!今まで本当にありがとうございました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 最後に皆に会って直接【今までありがとう】と伝えたかったのですが…文章でお伝えする形になってしまい本当に申し訳ありません。

 音楽とゆう道を選んでここまで続けてきて本当に良かったと今凄く感じています。

 夢への形は変わってしまいますが、これからも私なりの夢を持ち続けて前向きに歩いていきたいと思います。

 これからもMIYU☆MAIKOは活動していくので皆さん二人の応援をよろしくお願いします。

 本当に今までありがとうございました。

 西村 朝香

 ZONEはガールズバンドとして、1990年代後半から2000年代中期にかけて活躍し、2005年に解散。大ヒット曲『secret base ?君がくれたもの?』(01年12月発売)の歌詞中の「10年後の8月また出会えるのを信じて」になぞらえ、10年後の今年8月に年内限定で3人で再結成された。

 その後、来年以降も活動を継続することが発表された矢先のTOMOKAの引退だが、今後は残されたMAIKO(25)とMIYU(23)の2人で年末まで活動を続けていく。

TAGS: