/台湾トップアーティストSHOW多国籍なファンとハグ!流暢日本語も英語は苦手

台湾トップアーティストSHOW多国籍なファンとハグ!流暢日本語も英語は苦手

20120219SHOW
ファンとハグ

 歌手・SHOW(32)が19日、東京・池袋サンシャイン噴水広場で初シングルかつ『志村軒』(フジテレビ系)2月度のエンディングテーマにもなっている『DANTE』(ポニーキャニオン)発売記念ハグ会を開き、その姿をひと目見ようと中国、台湾、韓国など国籍を問わずファンが詰めかけた。

 中華圏で絶大な人気を誇り歌、ダンス、ドラマ、バラエティーとマルチに活躍する台湾出身のトップアーティスト・SHOW(ショウ・ルオ/羅志祥)がついに日本本格進出。2010、11年と2年連続で台湾での売上NO1に輝き、台湾のメディアで彼を見ない日はないほどの活躍する一方で、06年には歌手・倖田來未(29)の作品でコラボするなど、日本にも縁が深い。

 まずは、あいさつとばかり“フレームの舞”が見どころの『DANTE』を披露。1つ1つの動作がキレキレで、歌唱中もファンをあおって乗せることを忘れない完璧な出来栄えに、“ダンスキング”との異名は伊達ではないことを見せつけ、集まった9割の女性ファンから黄色い声が飛んだ。

20120219SHOW
華麗なダンスを見せるSHOW

 そんな完璧さを見せたかと思えば、本日のショーに、「ちょっと恥ずかしいです」と、少年のような人懐っこい笑みを見せることも。同曲は、2月14日付オリコンデイリーチャートでは5位にランクイン、台湾男性アーティスト初のレコチョク1位を獲得するなど、日本で耳にする機会も多いが、この結果にSHOWは、「ビックリしました。ありえない!もう一度新人になった気持ちです」と、謙虚に語る。

 トークショーは、ほぼSHOWの日本語で進められ流暢にトークしたが、新曲については、「日本語は問題ないけど、英語が難しい。僕は『How much』とかぐらいならできるけど『DANTE』なんかとくに難しかった」と、まさかの曲名が最大の壁になっていたことを暴露し苦笑いだ。

 日本語は、台湾でも放映されているというドリフターズの番組などを幼少時代から見て学んでいたそうで、即興で名曲『いい湯だな』も振り付きで歌うなどお茶目な一面も。日本のアーティストにも造詣が深く、「ゴスペラーズ、EXILE、SMAP、KinKi Kids、浜崎あゆみも好き」と、SHOWの口からバンバンあがったが、報道陣から「共演してみたい?」と、尋ねられると、「無理無理無理無理!レベルが違う!」と、身振り手振りを交えて恐縮しきりだった。

20120219SHOW
トークもバッチリ

 今後は日本でも本格活動をしていくといい、4月14日に神奈川・川崎で開かれる『第8回 音楽のまち・かわさき アジア交流音楽祭?ASIAN HEARTBEAT 2012?』にも出演予定のSHOWは、「東京、大阪、名古屋でライブをしたい。武道館も。東京ドーム?6万人はちょっと難しいけど頑張ります。見に来て!約束!」と、ファンへ手を振った。

 トーク中も「台湾でやったときはもっといろんな声が飛んだんだけどなぁ」と、ファンに“おねだり”して大歓声を呼んだ話術もバッチリなSHOWがどのような旋風を巻き起こしていくのか。注目が集まる。

 『DANTE』は初回A、B版が1800円、通常版が1200円(ともに税込)で好評発売中!

 

 

20120219SHOW
SHOW
20120219SHOW
SHOW
20120219SHOW
“フレームの舞”を披露
20120219SHOW
キレキレのダンス

20120219SHOW