/小林幸子運命の日に入籍!子作りの計画について問われるとワッハッハッハ

小林幸子運命の日に入籍!子作りの計画について問われるとワッハッハッハ

 演歌歌手・小林幸子(57)が15日、再生医療関連会社『TESホールディングス』代表取締役社長の林明男さん(49)と、東京・港区の区役所に2人そろって出向き、婚姻届を提出した。

 仕事先のNHKで単独会見した小林は、50人ほどの報道陣が集まる中、左手の薬指に結婚指輪の代わりに、2年前に林さんからプレゼントされたダイヤの指輪をはめて、会見場に現れ、「書類を受理され、小林から林になったんだな、と実感しました」と、感慨深げに語った。

 16日付のサンケイスポーツ、スポーツ報知、日刊スポーツ、東京中日スポーツ、デイリースポーツ、スポーツニッポンの各紙が報じており、11月15日は6年前に2人が出会った記念日。「毎年、11月15日は2人でお祝いをしていて、婚姻届を出すならこの日しかないねって、決めてました」と、運命の日を入籍日に選んだという。役所で受け付けを待っている間に、林さんが、「死ぬまで背負わせてください」と、あらためて、プロポーズしたそうで、「ぐっときました」と、妻になった喜びをかみしめていた。

 現在はそれぞれのマンションで生活しているが近く同居の予定だそうで、「お互いに尊重し合い、結婚はいいものだと実感できるようにしたい」と、夫婦像を語った。また、子作りに関しては、「ワッハッハッハ!この笑いが答えです」と豪快に笑い飛ばした。

 挙式や披露宴は、林さんが一般人ということもあり行わない。新婚旅行は、名古屋公演の終了する来年2月に、林さんが会社を立ち上げたウィーンなどヨーロッパ各国を新婚旅行で回るという。

 また、2人からの結婚報告に、出会いのキューピッド役にもなった女優・倍賞千恵子(70)からはお祝いメールが届いた。「『おめでとう、奥さんだね』と。私が奥さん?どうしましょう!」と、笑った。

 57歳での結婚(初婚)は、芸能界の独身女性に大きな勇気を与えた。演歌歌手・坂本冬美(44)、タレント・久本雅美(53)らから、「勇気をもらった。自分も頑張る」とのメールが届いたそうで、「年齢は関係ない。結婚したいと思った時が適齢期」と、力強いエールを送った。