/尾崎豊さん「伝説のライブ」上映にファン200人詰めかけ涙!須藤晃氏が秘話

尾崎豊さん「伝説のライブ」上映にファン200人詰めかけ涙!須藤晃氏が秘話

尾崎豊さん「伝説のライブ」上映にファン200人詰めかけ涙!須藤晃氏が秘話
在りし日の尾崎豊さんが蘇った!

 歌手・尾崎豊さん(享年26)が1991年5月20日に開いた伝説のライブといわれる横浜でのライブをまとめた映画『復活 尾崎豊 YOKOHAMA ARENA 1991.5.20』(配給:東宝映像事業部)スタンディング先行上映が尾崎さんの誕生日となる29日、都内で開かれ尾崎さんをプロデュースした音楽プロデューサー・須藤晃氏がトークショーを開催した。

 20年の月日が経ってもいまなお色褪せることのない尾崎さんの人気に発売当日にチケットが完売。場内には200人のファンがいまかいまかと始まるのを待つ中で、須藤氏によるトークショーとなった。

 今回の映画化について須藤氏は、「尾崎さんが亡くなられてから、フィルムコンサートをやってほしいという署名活動で10万人の署名が集まったこともあった。『OZAKI20』という写真展をやっていても言われたが、今回、映画館でこういうことができると分かって、チャンスだと思った」と、振り返る。

 ツアー当日の尾崎さんの様子については、「3時間近いステージを行うため、尾崎さんは絞るだけ体を絞ってきた」と、秘話を明かし、「公演前の数時間は楽屋に閉じこもり1人になる。コンサートが始まると、コンサートでやっちゃいけないこと(客席に降りたりするなど)やってしまう、そんな一面も見られます」との説明も。

尾崎豊さん「伝説のライブ」上映にファン200人詰めかけ涙!須藤晃氏が秘話

 もし、尾崎さんが今も生きていたらという問いに、須藤氏は、「音楽をやっていると思います。また震災に関して、彼はなにかリアクションを起こしていたんじゃないでしょうか。息子の裕哉くんも大学院に行っているので、彼と何かしていると思う。僕らの記憶に、尾崎はそのままでずっと残っている。羨ましい。僕らにとって永遠のスーパースターだと思う。100年たっても200年たっても。その時代に一緒に生きられてとても嬉しい。いま生きていてもかっこよかったと思いますね」と、コメントしていた。

 最後に須藤氏は「今日は尾崎さんの誕生日でもあるので、劇中で流れる「きっと忘れない」というハッピーバースデイソングを歌ってあげて欲しい。出てくる瞬間はほんと鳥肌たちますので、今日は楽しんであげてください」と、メッセージを寄せていた。

 『復活 尾崎豊 YOKOHAMA ARENA 1991.5.20』は12月1日より、TOHO シネマズ 日劇ほか2週間限定で全国ロードショー!

尾崎豊さん「伝説のライブ」上映にファン200人詰めかけ涙!須藤晃氏が秘話