/海原しおり 脳腫瘍だった!手術受け、現在の経過は良好

海原しおり 脳腫瘍だった!手術受け、現在の経過は良好

 女性漫才コンビ『海原さおり・しおり』の海原しおり(53)が、脳腫瘍のため、大阪府内の病院で手術を受けていたことが9日、わかった。

 関係者の話では、しおりは大阪・なんばグランド花月での公演を終えた後、めまいのような症状を訴え、兵庫県内の病院に入院。早期の脳腫瘍と診断され、8月27日から大阪府内の病院に再入院した。すでに手術を終え、現在は脳神経外科医の専門医による再発防止の治療に取り組んでいるとのこと。

 10日付のサンケイスポーツ、スポーツニッポン各紙が報じており、術後の経過は良好で、副作用もほとんどなく、お見舞いに来た友人、仕事仲間らと談笑するほど回復しているようだ。

 しおりは今後、しばらく治療に専念し、年内は休養につとめ、さおりとの舞台復帰は年明けを目指す。関係者には、「大好きな漫才で、一日でも早く舞台に戻れるように頑張りたい」と話しているという。