/エレカシ宮本 14日の日比谷野音ステージに登場!少しだけ歌も披露予定

エレカシ宮本 14日の日比谷野音ステージに登場!少しだけ歌も披露予定

 ロックバンド『エレファントカシマシ』が、公演中止を発表した14日の東京・日比谷野外大音楽堂のステージで、ファンに直接思いを伝えることが9日、わかった。

 ボーカルの宮本浩次(46)が、急性感音難聴及び外リンパ瘻(ろう)のため、日比谷公演を含めたライブ活動の無期限休止を発表していたが、関係者によれば、宮本の強い要望で、日比谷野外大音楽堂のステージから病気の状況、公演中止の経緯、今後の見込みなどを自ら語るという。

 10日付の日刊スポーツが報じており、満足に歌える状況ではないものの、当日はファンのために少しだけ歌も披露する予定とのこと。同所は、エレカシが90年以降、必ずライブを行っている“聖地”でもあり、宮本も何らかの形でファンにメッセージを送りたいようだ。