/「ガンダムOO」助監督冤罪で釈放!遠隔操作プログラムからのなりすまし浮上

「ガンダムOO」助監督冤罪で釈放!遠隔操作プログラムからのなりすまし浮上

 大阪市にうその殺人予告メールが送られた事件で、業務妨害罪で起訴されたアニメ演出家・北村真咲被告(42)について、何者かがなりすましていた疑いが浮上し、大阪地検は北村さんの勾留取り消しを請求し、9月21日に釈放していたことが7日、分かった。

 逮捕当時の起訴状では北村さんが7月29日午後9時45分ごろ、自宅でパソコンを使ってインターネット上の大阪市の相談窓口ページに「(大阪・日本橋の)ヲタロードで大量殺人する」とされていた。

 しかし、この書き込みは第三者が遠隔操作してホームページに書き込めるプログラムからのものだった可能性が浮上し、補充捜査が必要と判断し、北村さんを釈放したという。

 8日付のスポーツ報知、サンケイスポーツ、東京中日スポーツ、日刊スポーツ、スポーツニッポン各紙が報じており、この遠隔操作プログラムを発見したきっかけは、三重県警の捜査だったそうで、三重県警が先月に威力業務妨害容疑で逮捕した無職男性(28)のパソコンを調べる過程で、特定のファイル名の遠隔操作プログラムを発見。北村さんのパソコンにも同じプログラムがあったという。北村さんは『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』の助監督としても知られているが、任意の聴取から一貫して「身に覚えがない」と否認していた。

 なお、府警関係者によると、これらの不正プログラムは従来のウイルスチェックでは引っ掛からない、国内初の“新種”であるとし、「詳しい中身や犯行の手口が判明しておらず、何の容疑に該当するのかも分からない」と、コメントしているともいう。