/紅白過去最高の観覧希望者!倍率は1025倍

紅白過去最高の観覧希望者!倍率は1025倍

 大みそかに放送される『第62回NHK紅白歌合戦』観覧希望が、過去最高の126万4923通に達していたことが18日、分かった。

 これまでの最高だった2004年の75万9722通を約50万通も上回り、約1・7倍になったという。

 19日付の日刊スポーツが報じており、応募は、はがきで10月7日から同27日まで行われ、当選は1234通(1通で2人観覧可能)で、倍率は1025倍の超高倍率となったという。

 この記録更新には司会者発表のタイミングがあったといい、例年では司会者の発表は11月上旬の観覧希望の募集締め切り後だったという。しかし、今年は、募集期間内の10月19日に、『嵐』と井上真央(24)に決まったと発表された。

 『嵐』は公演チケットが入手困難の人気グループで、井上も、ステージに立つ機会はほとんどないため、応募が殺到したとみられる。