/北野監督「BROTHER」出演の邦人俳優が少女に性的虐待の疑いで起訴

北野監督「BROTHER」出演の邦人俳優が少女に性的虐待の疑いで起訴

 米ロサンゼルスの司法当局は2日までに、ロサンゼルス在住の俳優で、モデルや俳優の養成学校を経営する金田芳朋容疑者を、起訴した。

 金田容疑者は今年2月、自分の学校に通うモデル志望の16歳の少女に自宅で日本語を教えた際、体を触るなど性的虐待した疑いが持たれている。

 3日付の日刊スポーツ、スポーツ報知、東京中日スポーツ各紙が報じており、金田容疑者は10年以上前から俳優や声優、スタントマンとしてハリウッドで活動。クリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』や北野武監督の『BROTHER』などにも出演している、CMにも出演しているという。