/eill、映画『夏へのトンネル、さよならの出口』映像でMV制作
eill、映画『夏へのトンネル、さよならの出口』映像でMV制作

eill、映画『夏へのトンネル、さよならの出口』映像でMV制作

eill、映画『夏へのトンネル、さよならの出口』映像でMV制作

 シンガーソングライターeillが7日、映画『夏へのトンネル、さよならの出口』の挿入歌/主題歌を収録したデジタルEP『プレロマンス/フィナーレ。』をリリースした。

 すでに先行配信されていた同映画の挿入歌となっている『プレロマンス』に加えて、主題歌の『フィナーレ。』と、劇中歌となっている『片っぽ – Acoustic Version』も収録されている。『フィナーレ。』は、美しいストリングスの旋律が際立つ壮大なバラードソングに仕上がっており、eill自らがフィールドレコーディングで集めた環境音が間奏に散りばめられた、こだわりの楽曲。
 また『フィナーレ。』のミュージックビデオは、映画の公開と同日の9月9日21時にeill official YouTube Channelにてプレミア公開されている。

 さらに、LINE MUSICでは『フィナーレ。』の再生キャンペーンがスタートしている。LINE MUSICにて、『フィナーレ。』を100回以上聴いて応募した人全員に『フィナーレ。』再生キャンペーン限定「eillスマホ壁紙」をプレゼント。さらに、200回以上聴いて応募した方には、抽選で映画『夏へのトンネル、さよならの出口』のeillサイン入りポスターがプレゼントされる。そして9月9日(金)21時からは、Twitterにて「フィナーレ。」ミュージックビデオ、『プレロマンス』リリックビデオのシェアキャンペーンもスタートする。詳しくはeillオフィシャルホームページを確認。

 ■■デジタルEP『プレロマンス / フィナーレ。』
 ■2022年9月7日(水)リリース
 ■配信URL:https://lnk.to/preromance_finalePR

 ■収録内容
 1.プレロマンス
 2.フィナーレ。
 3.片っぽ- Acoustic Version
 4.プレロマンス- Instrumental
 5.フィナーレ。- Instrumental

 ■■「フィナーレ。」ミュージックビデオ
 ■YouTubeプレミア公開URL:https://youtu.be/1lYb9nLO_FY
 ■公開日時:2022年9月9日(金)21時

 ■■「プレロマンス」リリックビデオ
 ■配信URL:https://youtu.be/IG7sBQXJWNs

 ■■LINE MUSIC 再生キャンペーンページ
 ■URL:https://news.ponycanyon.co.jp/2022/09/74896

 ■■劇場版アニメ『夏へのトンネル、さよならの出口』
 ■公開日:2022年9月9日(金) 全国公開
 ■本予告映像:https://youtu.be/29KybHTiCqc
 ■特報映像:https://youtu.be/EHuh6Gxvhz4

eill、映画『夏へのトンネル、さよならの出口』映像でMV制作

 ■STORY
 ウラシマトンネル――そのトンネルに入ったら、欲しいものがなんでも手に入る。ただし、それと引き換えに…。
 掴みどころがない性格のように見えて過去の事故を心の傷として抱える塔野カオルと、
 芯の通った態度の裏で自身の持つ理想像との違いに悩む花城あんず。
 ふたりは不思議なトンネルを調査し欲しいものを手に入れるために協力関係を結ぶ。
 これは、とある片田舎で起こる郷愁と疾走の、忘れられないひと夏の物語―。

 ■主演
 鈴鹿央士・飯豊まりえ

 ■田口智久(監督) コメント
「片っぽ」はまるでこの作品のためにあるような曲だと思いました。とても美しく儚い、誰も誰かを求めているというあまりに普遍的であり、個人的でもあるこの曲はまさに「夏へのトンネル、さよならの出口」であったように感じました。「プレロマンス」は華やかにこの作品の色を強く引き立ててくれています。映画の彩度が、音楽によって一段も二段も引き上げられたように思います。青春の確かな輝きが音楽の力によってその輪郭を鮮明に浮かび上げてくれました。主題歌としてある「フィナーレ。」は作品テーマのアンサーにもなっている曲だと感じています。きっと映画を見ていただければその意味が分かるかと思います。

 ■八目迷(原作)コメント
 初めて「フィナーレ。」を聴いたとき、なんてまっすぐなラブソングだろうと思いました。何かと不器用な主人公ふたりの、本当に望んでいたものが、この曲に秘められているんじゃないかな。そう思わせてくれる曲です。そして挿入歌である「プレロマンス」も、夏の到来と淡いボーイミーツガールを感じさせてくれました。誰だって一度は、この曲に込められたドキドキを求めていたはず。夏の青空のような曇りのないロマンスを、ぜひ劇場で味わってください。

 ■原作:八目迷「夏へのトンネル、さよならの出口」(小学館「ガガガ文庫」刊)
 ■キャラクター原案・原作イラスト:くっか
 ■監督・脚本:田口智久
 ■キャラクターデザイン・総作画監督:矢吹智美
 ■制作プロデューサー:松尾亮一郎 
 ■アニメーション制作:CLAP
 ■主題歌:「フィナーレ。」 eill (ポニーキャニオン)
 ■配給:ポニーキャニオン 
 ■製作:映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

 ■公式サイト:natsuton.com
 ■公式twitter:@natsuton_anime

 ©2022 八目迷・小学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

 

eill、映画『夏へのトンネル、さよならの出口』映像でMV制作