/小芝風花 『映画 妖怪シェアハウス~』完成披露上映会!澪が本当に恋をした時のときめき顔に、小芝「めちゃくちゃ恥ずかし」
小芝風花 『映画 妖怪シェアハウス~』完成披露上映会!澪が本当に恋をした時のときめき顔に、小芝「めちゃくちゃ恥ずかし」

小芝風花 『映画 妖怪シェアハウス~』完成披露上映会!澪が本当に恋をした時のときめき顔に、小芝「めちゃくちゃ恥ずかし」

小芝風花 『映画 妖怪シェアハウス~』完成披露上映会!澪が本当に恋をした時のときめき顔に、小芝「めちゃくちゃ恥ずかし」

 女優・小芝風花(25)が主演する『映画 妖怪シェアハウスー白馬の王子様じゃないん怪ー』の舞台挨拶付き「完成披露上映会」が7日、東京・丸の内TOEI①で行われた。

 舞台あいさつには、主人公・目黒澪役の小芝をはじめ、澪とひとつ屋根の下で暮らすシェアハウスに住まう妖怪、お岩さん/四谷伊和役の松本まりか、酒吞童子/酒井涼役の毎熊克哉、座敷童子/和良部詩子役の池谷のぶえ、ぬらりひょん/沼田飛世役の大倉孝二の他、澪に想いを寄せる交番の巡査・佐藤満役の豊田裕大、そして映画オリジナルキャラクターであり、映画の“鍵”を握る澪の運命の恋の相手・AITO役の望月歩、本作のメガホンを執った豊島圭介監督が集結。

 まるでドラマの世界観から抜け出してきたような“半・妖怪ビジュアル”で挑み、ドラマ・映画と続けて行われた撮影の秘話や、映画の見どころと魅力を余すところなく語った。

 場内暗転後、ステージ上のバナーがアップすると下からもくもくとスモークが溢れるなか、【闇落ち】をイメージした黒を基調とした華やかな“浴衣姿”で一斉に登場した登壇者たち。

 本作の映画化が決まった時の心境をMCから聞かれた小芝は、「びっくりしました!ドラマのシーズン1を撮影している時に、冗談でシーズン2とか映画化とか妖怪がいっぱいいるからできますよねって言っていたら、本当に『ザ・ムービー』で帰ってくるとは思っていなかったので、言ってみるものだなと思いました」と茶目っ気たっぷりに明かす。

 それを聞いた松本が、「アカデミー賞を歩いている姿を毎日想像しながら、今日はワールドプレミアということで、世界の皆さんに初めてお目にかかるという特別な日。私の生まれた頃は江戸時代というスクリーンがなかった時代で、本当に数百年の満を持して銀幕デビューということで…」とまさに役になりきって話すと、大倉から「なに言ってるの(笑)」のツッコミが入り、早速チームワークの良さを覗かせていた。

小芝風花 『映画 妖怪シェアハウス~』完成披露上映会!澪が本当に恋をした時のときめき顔に、小芝「めちゃくちゃ恥ずかし」
ぬらりひょん/沼田飛世役の大倉孝二

 また、撮影中の話になると毎熊が「テレビドラマと同時に撮っていたのでスケジュールは大変でしんどかったんですけど、のぶえさん(池谷)が普段あまり変わらないというかニュートラルな方なんですけど、撮影中にすごい疲れが見えている時があって、座敷童子じゃなくて、のぶえさんがちょっと“闇落ち”している瞬間があって、これはいよいよまずいかもと思いながら、みんなで人生ゲームをしながらなんとか乗り越えましたね!」と、大変だった当時の様子を振り返るいっぽう、同じく撮影について聞かれた大倉は「淡々とやっていました」と吐露すると、共演者たちから笑いの声が。続けて大倉が「忙しいんです、ドラマと映画を一緒に撮るというのは」と明かすと、小芝も「白目のアップのシーンとか、『これスクリーンで映るんですよね?』っていうのはありましたよね(笑)」と撮影を振り返った。

 また、シーズン2からの出演となった、澪に想いを寄せる交番の巡査・佐藤満役の豊田は「この中に入れるんだというのでワクワクでいっぱいでしたね」と本シリーズへの参加を喜び明かす場面も。

 ドラマより本シリーズを手掛けている豊島監督は、小芝が演じた主人公の澪について「ドラマ版でいつもろくでもない男性たちとしか恋愛してこなかった澪が、本当に恋をしたらどんな顔になるのかなっていうのが興味としてあって、劇場版を作る時はそれを一番にやりたかったので、前半50分はそれについて描いているので、後半50分は全然違う映画になるんですけど(笑)」と明かす。

 小芝も「逆に監督に、ときめいている顔を見られるのがめちゃくちゃ恥ずかしくて、本作の前に豊島監督の別の作品でもお世話になっていたんですけど、それも結構ふざけた作品で…」と語ると、すかさず大倉が「ふざけてないよ!一生懸命やってるんだよ!」とツッコミを入れて会場を笑わせつつ、小芝が続けて「変な顔をすることはあっても、ときめいている顔を見られることがなかったので」と少し恥ずかしがりながら話すと、豊島監督も「あんな顔するんですね(笑)」としたり顔。「でもAITOがすごく素敵な男性として現れてくれたので、いい顔を引き出してもらいました。ありがとうございました」と小芝が話すと、相手役となったAITO役の望月も「すごくかわいかったです!」と笑顔で語った。

 実は、この日、劇場版となる本作でMCを務めていたテレビ朝日の山本雪乃アナウンサーも出演していることが発表され、会場からは大きな拍手が。望月演じるAITOの講演中に、一番前で質問するジャーナリストの役を演じており、「望月さんの演技の迫力に圧倒されました」と撮影当時を振り返った。

 続いて映画のタイトル『―白馬の王子様じゃないん怪―』にかけ、「〇〇じゃないん怪!」と思った出来事を一人ずつフリップに書いて発表。豊島監督は【スローモーションじゃないん怪】と発表し、先日最終回を迎えたドラマでの渾身のシーンとなったスローモーションシーンの話題をあげ、「自分たちでスローに動いているだけの“スローモーションじゃないん怪”でした」と語り、このシーンについては小芝も「アドレナリンが出すぎて、次のシーンはみんな死んでいました(笑)」と撮影の裏話を語った。

小芝風花 『映画 妖怪シェアハウス~』完成披露上映会!澪が本当に恋をした時のときめき顔に、小芝「めちゃくちゃ恥ずかし」
澪の運命の恋の相手・AITO役の望月歩

 続いて望月は、豊島監督へ向けて【怖い人じゃないん怪】と発表し、「豊島監督を調べた時に、がたいがよくて強面で、絶対怒らせちゃいけない人だと思って初めてお会いしたら、真逆な方で。それが衝撃的だったので書かせていただきました」と明かすと、大倉も「私は豊島監督にはとても長い間お世話になっておりますけど、声を荒げているような所は見たことがないですね」と豊島監督の素性を明かした。

小芝風花 『映画 妖怪シェアハウス~』完成披露上映会!澪が本当に恋をした時のときめき顔に、小芝「めちゃくちゃ恥ずかし」
交番の巡査・佐藤満役の豊田裕大

 また豊田は、小芝へ向けて【標準語じゃないん怪】と発表し「一番目のシーンが終わって話しかけた瞬間に、関西弁で」と振り返り、続いて大倉は、小芝さんと松本さんに言いたいことが山ほどあるんですけど、いざ思い出そうとすると何も思い浮かばないと前置きしつつ【それ、ズボン掛ける用のやつじゃないん怪】と発表し、「上着を脱いだらズボンをかける用のハンガーを差し出してきて(笑)」と今日の出来事を吐露。

 さらに毎熊は、大倉について【適当じゃないん怪】と発表し「営業妨害になるかもしれないんですけど、一緒に楽しくお芝居させていただいてるんですけども、結構真面目に考えている。アドリブとかも、結構相談をしたり、セリフとかもよく考えて、みんなを笑かしてるんだなって」と明かすと、大倉も「もういたたまれなくなってきたよ」と苦笑い。

小芝風花 『映画 妖怪シェアハウス~』完成披露上映会!澪が本当に恋をした時のときめき顔に、小芝「めちゃくちゃ恥ずかし」
座敷童子/和良部詩子役の池谷のぶえ

 また池谷は、小芝と松本へ向けて【シリアス女優じゃないん怪】と発表し、「松本さんがどんな演技プランなんだというシーンがあって、澪ちゃんを心配してっていうシーンで、どんな気持ちでこのお芝居しているんだろうって見ていて笑いました。本当にコメディエンヌだなって」と松本を讃え、小芝に対しては「撮影の時すごく大変で、下の方でくるまって膝を抱えて座っていたんで、大変だなって思っていたら、人の足の指にずぼっと指を入れてくるんです(笑)」と小芝のかわいらしい一面を明かした。

小芝風花 『映画 妖怪シェアハウス~』完成披露上映会!澪が本当に恋をした時のときめき顔に、小芝「めちゃくちゃ恥ずかし」
お岩さん/四谷伊和役の松本まりか

 また松本は、【美味しかったんじゃないん怪】と発表し、松本が撮影中にみんなに振る舞っていた身体にいい青汁について「私としてはみんなが美味しく飲んでくれていると思っていて…。でもまさか大倉さん、美味しかったんじゃないん怪!本当に驚きました!」と明かすと、大倉が「残念ながら大人になるってそういうことなんだよ」と仲の良さを見せていた。

 最後に小芝は【妖怪シェアハウスで泣くん怪】と発表。試写では豊田と池谷も泣いたといい、「ドラマ版とはまた違ったストーリーが濃厚な感じになっていて、まさか涙腺をやられるとはと皆さんビックリされると思うんですけど、そこも楽しみに観ていただけたらと思います」と呼びかけた。最後には、小芝が「ドラマを楽しんでくださった皆さんも、映画からスタートする人も皆さん楽しめる作品になっていると思います。最後まで盛りだくさんで楽しんでいただけると思うので、ネタバレにならない範囲で面白かったらSNSなどで投稿してもらえると嬉しいです!」とメッセージを送った。

 【STORY】
 澪は相変わらず妖怪たちと楽しく暮らしながら、作家になる夢を追いかけている。世間ではAI恋人アプリが大流行し、誰もがスマホを見てニヤニヤしていたが、出版社での仕事に追われている澪は恋愛とはご無沙汰だった。そんなある日、上司に無茶振りされた取材でイギリス育ちの天才数学者・AITOに出会い、恋に落ちる。理想の王子様との幸せな日々もつかの間、澪はその恋がシェアハウスだけでなく巷の妖怪たちを危険に晒していることを知る。その頃、人間社会にもある“現象”が起き、人間の未来は大きく変わろうとしていた。人間と妖怪の歴史の分岐点の鍵となる、澪の決断やいかに……!?

 【クレジット】
 小芝風花 松本まりか 毎熊克哉 豊田裕大 池谷のぶえ 
 佐津川愛美 長井短 井頭愛海 尾碕真花 小久保寿人 片桐仁 安井順平 
 望月歩 池田成志 大倉孝二
 監督:豊島圭介 脚本:西荻弓絵 主題歌:ayaho「アミ feat. 和ぬか」
 制作プロダクション:角川大映スタジオ
 映画「妖怪シェアハウス」製作委員会:東映 テレビ朝日 朝日放送テレビ 角川大映スタジオ メ〜テレ 
 北海道テレビ 北陸朝日放送 九州朝日放送 

 ©2022 映画「妖怪シェアハウス」製作委員会

 

小芝風花 『映画 妖怪シェアハウス~』完成披露上映会!澪が本当に恋をした時のときめき顔に、小芝「めちゃくちゃ恥ずかし」
主人公・目黒澪役の小芝風花


小芝風花 『映画 妖怪シェアハウス~』完成披露上映会!澪が本当に恋をした時のときめき顔に、小芝「めちゃくちゃ恥ずかし」
酒吞童子/酒井涼役の毎熊克哉


小芝風花 『映画 妖怪シェアハウス~』完成披露上映会!澪が本当に恋をした時のときめき顔に、小芝「めちゃくちゃ恥ずかし」
豊島圭介監督