/YOASOBI・ikura紅白歌合戦で「お会いできる方、みなさんが嬉しすぎ」なワケ?Ayase「たっぷり愛を詰めて、愛のこもったステージを」と意気込む

YOASOBI・ikura紅白歌合戦で「お会いできる方、みなさんが嬉しすぎ」なワケ?Ayase「たっぷり愛を詰めて、愛のこもったステージを」と意気込む

YOASOBI・ikura紅白歌合戦で「お会いできる方、みなさんが嬉しすぎ」なワケ?Ayase「たっぷり愛を詰めて、愛のこもったステージを」と意気込む3

 音楽ユニット『YOASOBI』のAyaseとikuraが30日、東京国際フォーラムで開催中の『第72回 NHK紅白歌合戦』リハーサルに出席。終了後にはメディア向けの取材に応じた。

 昨年はヒット曲『夜に駆ける』で紅白歌合戦初出場。今年は『群青』をパフォーマンスする。

 2度目の紅白へikuraは、「今年の『YOASOBI』の2021年の集大成として、みなさんを楽しませられるようなパフォーマンスをしたいと思います」と意気込めば、Ayaseも「2021年の集大成を見せて、画面の前のみなさんと楽しいパフォーマンスをできればと思います。たっぷり愛を詰めて、愛のこもったステージをできれば」と、気合を入れた。

 今回の出演は中継ではなく会場という『YOASOBI』。それだけに、ikuraは「お会いできる方、みなさんが嬉しすぎて!もう嬉しくて、現実なのかというので、全員にお会いしたいくらいで」と、はしゃぐような気持ちになっているのだとか。

 その去年のパフォーマンスでは、ikuraは、「もう忘れないよね。緊張がね」と笑うと、Ayaseは、「本当にいっぱいいっぱいすぎて、本番中もあっという間で。今でもあのときパフォーマンスをした『夜に駆ける』を歌うと思い出します」といい思い出になっているよう。そんな彼らだが気負いすぎといった様子はなく、緊張をほぐす方法を尋ねた際もikuraから「間違えても、それが自分の実力だというところまでやってきましたので」と、話していた。

 今年を振り返って漢字1字で表してもらうと、2人ともラジオパーソナリティや楽曲で挑戦が多かったということで『挑』としつつ、あと1日でやりたいこととしてikuraは「年越しそばだけは食べたい(笑)。楽屋に用意してもらえるかな?」と、期待を寄せていた。

 そして来年以降へは、Ayaseは、「有観客での日本武道館をやらせて頂いたので、応援してくださっているみなさまに会いに行く機会が増えれば」といい、ikuraも「日本武道館後にもっとライブをしたいと思いました。1人残らず会いに行きたい!」と、2人ともファンに会いに行きたいようだった。

 また、『YOASOBI』は子どもたちによるユニット『ミドリーズ』とともにNHKこども向けSDGs番組テーマソング『ツバメ』も歌唱する。『ミドリーズ』へ{YOASOBI』の感想を尋ねるとikuraは「どきどき!」と固唾を飲んで見守っていたが、あつきから「尊敬というか、歌をikuraさんみたいにうまくなったりAyaseさんみたいに格好良くなりたい!」とのコメントが。これには2人もにっこにこで、Ayaseは「我が子のように愛でています」と、目を細めていた。

 ※記事内写真は「提供:NHK」

YOASOBI・ikura紅白歌合戦で「お会いできる方、みなさんが嬉しすぎ」なワケ?Ayase「たっぷり愛を詰めて、愛のこもったステージを」と意気込む2

YOASOBI・ikura紅白歌合戦で「お会いできる方、みなさんが嬉しすぎ」なワケ?Ayase「たっぷり愛を詰めて、愛のこもったステージを」と意気込む1