/桑野信義 副作用に耐えられず、抗がん剤治療中止

桑野信義 副作用に耐えられず、抗がん剤治療中止

 大腸がん闘病中のタレント・桑野信義(63)が17日、自身のブログで、抗がん剤治療を中止したこと明かした。

 桑野は昨秋、ステージ3~4の大腸がんと宣告を受け、先月に手術を受けたという。ブログでは、「やはり再発の可能性は否めないので術後も抗癌剤治療を開始したんですが…手術前より酷い副作用に耐えられなくて主治医の先生や会社、家族を含め話し合い治療を止めることにしました」と報告した。

 抗がん剤治療の“代わり”として、免疫力を高めるために禁煙や禁酒、食生活を見直し、適度な運動、睡眠をしっかりとるなど生活習慣の改善に取り組んでいるといい、「今の爺にとって一番大切なのはストレスを感じないこと自分の好きなことを楽しむこと&笑うこと」とつづった。ブログの投稿も当面休止するという。