/オダジョー主演ドラマ視聴率低迷で打ち切り決定に

オダジョー主演ドラマ視聴率低迷で打ち切り決定に

 俳優・オダギリジョー(36)主演のホームドラマ『家族のうた』(フジテレビ系、日曜・午後9時?)が、6月3日の第8話で打ち切られることが12日、分かった。

 同ドラマは視聴率が初回に6・1%を記録して以降、3%台に低迷。第4話までの平均視聴率は4・05%。テレビ東京を除く、2000年以降のプライム帯(午後7?11時)の民放連続ドラマで、最低平均視聴率だった03年1月期のドラマ『メッセージ』(日本テレビ系)の4・4%を下回ったという。

 13日付のスポーツ報知、サンケイスポーツ、日刊スポーツ、デイリースポーツ、東京中日スポーツ、スポーツニッポン各紙が報じており、当初は第9話での打ち切り案も検討されたが、今月6日の第4話がこれまでで最低の視聴率3・1%を下回ったことから、早期終了が決まったという。

 テレビ関係者によると、当初は全11話を想定していたという。放送がなくなった6月10日以降について、フジは「何も決まってない」としている。