/KANA-BOON飯田祐馬 清水富美加との不倫認め謝罪

KANA-BOON飯田祐馬 清水富美加との不倫認め謝罪

 ロックバンド『KANA-BOON』のベーシスト・飯田祐馬(26)が、宗教法人・幸福の科学に出家した女優・清水富美加(22)と不倫関係にあったと報道されたことを受け、21日、同バンドの公式サイトで謝罪文を掲載した。

 公式サイトでは、「私、KANA-BOONベース担当 飯田祐馬は、既婚の身であることを隠し、清水富美加さんと交際をしておりました」と謝罪。2014年4月に一般女性と入籍したが、そのことを隠し、2015年6月から清水と交際を始めたといい、「2015年9月に清水さんに既婚の事実を打ち明け、謝罪しましたが、清水さんに対する自分の気持ちを断ち切ることができず、妻との離婚をほのめかしつつ、2016年1月まで交際関係を続けてしまいました」と、詳細をつづっている。

 清水と交際していたことについては、「妻と妻の両親に謝罪をし、夫婦間では解決しております」としたが、「私の率直な行動で、清水さん、関係者のみなさまにご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございません」と、改めて謝罪した。