/【GIRLs-RockPop stadium】AeLL.震災復興Tシャツで熱唱!小桃音まいGWの計画立てる

【GIRLs-RockPop stadium】AeLL.震災復興Tシャツで熱唱!小桃音まいGWの計画立てる

clubseata_08
お揃いのTシャツのAeLL.

 グラビアアイドル・篠崎愛(20)、西恵利香(23)、石條遥梨(しじょうはるな、18)、鷹那空実(たかなくみ、18)で結成されたユニット『AeLL.』が21日、都内・吉祥寺CLUB SEATAで行われた『GIRLs-RockPop stadium』夜の部に出演した。

 同イベントは、女性アーティストが朝、昼、夜の3部にわたり多数出演。21組のアーティストが出演した夜の部に『AeLL.』は、「STAND UP! JAPAN 2011」と書かれたお揃いのTシャツを着て、登場。この「STAND UP! JAPAN」とは、T.M.Revolutionこと西川貴教(41)らが中心となって行っている東日本大震災復興支援のチャリティープロジェクトであり、『AeLL.』も昨年、同プロジェクトに参加した。

 まず「Activity! Eco! Life!」とメンバーがコールし、ファンから「with!」とレスポンスされ、「Love! 『AeLL.』で?す! よろしくお願いします」と、お決まりの挨拶。リーダーの西が、「きょうの私たちはいつもと違うTシャツなんですよ。『STAND UP! JAPAN』に私たちも参加させていただいて、私物をオークションに出しました」と、「健康」「エコ」「環境問題」に真正面から立ち向かう同ユニットのコンセプトを貫く。

 そして、「西川さんも私たちのことを覚えてくれていて、凄く嬉しかった」と、一流アーティストとの触れ合いに感動。ステージでは、「Moonlight」「JOY」など4曲を歌い上げ、最後の「Heavenly Sky」では、『AeLL.』とファンがタオルを回し、場内が一つに。メンバーが弓矢のように右手を引き、「やったぜ!」の掛け声で、締めた。
clubseata_09

 年間300本以上のライブに出演する“まいにゃ”こと小桃音まい(ことねまい、21)は、観客を右に左に動かすユニークな楽曲「なのです」など4曲を披露。間近に控えたゴールデンウィークについて、「この間、お台場にできたダイバーシティに行こうと思ってるんです」と、予定を明かす。

 まいにゃはダイバーシティを「アイドル好きのコアな人が作ったんじゃないかな」と思っているようで、「メイド喫茶もあるし、アイドルがイベントできるスペースもある。ダイバーシティという名前も、ファンの人たちが『ダイバー! ダイバー!』って叫んで、最後に『シティー!』って言えるように名付けたんじゃないかな」と、ヲタ芸の一つである“MIX”にこじつけて言うと、ファンから「それはないだろ?!」と一斉に突っ込まれていた。
clubseata_02

 吉田ユウ(25)がMCを務めたアーティストトークで、『AeLL.』とまいにゃは同じステージに。『AeLL.』メンバーがまいにゃに指南し、「やったぜ!」のポーズを一緒に決め、場内を盛り上げた。

 

 

clubseata_03
篠崎愛
clubseata_05
篠崎愛
clubseata_04
西恵利香
clubseata_07
石條遥梨
clubseata_06
鷹那空実
clubseata_01
小桃音まい
clubseata_10
5人で「やったぜ!」