/日テレ上重聡アナ「スッキリ」で便宜供与報道を生謝罪

日テレ上重聡アナ「スッキリ」で便宜供与報道を生謝罪

 2日発売の『週刊文春』(文芸春秋)で自宅マンション購入の際に番組スポンサーの元会長から無利息で融資を受けていたと報じられていた日本テレビの上重聡アナウンサー(34)が3日、生放送の情報番組『スッキリ!!』(同局系、月~金・午前8時~)に出演し、謝罪した。

 番組冒頭から上重アナは、「私の個人的なことで大変申し訳ありませんが、私が今回知人から便宜供与を受けていたという報道がありました」と切り出すと、「私のプライベートな交友関係において、個人的なご厚意に甘えたことによりまして、多くの方に疑念を抱かれるような、そういった結果になってしまいました。深く、深く反省しております」と、報道について話した。

 「今後は視聴者のみなさんに信頼されるアナウンサーになるべく精進してまいりたいと思います。今回、視聴者のみなさんを始め、多くの方々にご心配、ご迷惑をおかけしました。大変申し訳ありませんでした」と、頭を下げ謝罪。その後、番組を通常通りに進行した。

 2日発売の『週刊文春』の報道では、上重アナは昨年3月、都内タワーマンションの最上階の部屋を購入。その際、1億7000万円を小売りチェーン『ABCマート』の創業者で元会長の三木正浩氏から無利息で借りたとし、さらに元会長が代表を務める資産管理会社所有の高級外車で出勤することもあったと報じた。