/「遠山の金さん」などに出演の藤岡太郎さん同僚の元俳優に殴られ死亡

「遠山の金さん」などに出演の藤岡太郎さん同僚の元俳優に殴られ死亡

 東京・池袋の路上で16日深夜、俳優・藤岡太郎さん(47)が、殴られてけがを負い、約7時間後に死亡していたことが17日、分かった。

 警視庁池袋署は傷害の現行犯で、東京・杉並の元俳優でアルバイト・猪口宰容疑者(48)を逮捕した。

 18日付のサンケイスポーツ、デイリースポーツ、スポーツ報知、スポーツニッポン各紙が報じており、猪口容疑者は豊島区南池袋2丁目の路上で、藤岡さんとケンカとなり、腹部を殴るなどし、けがを負わせた疑いが持たれている。

 藤岡さんはテレビの人気時代劇『銭形平次』や『遠山の金さん』などに脇役で出演。その一方で、電話代行会社でアルバイトをしており、猪口容疑者とは会社の同僚だったという。2人は現場近くの職場内で勤務終了後の16日午後9時ごろから、別の同僚5人と酒を飲み始め、激高した藤岡さんが「表に出ろっ!!」と言い、2人で職場近くの路上に出たところ、猪口容疑者が腹やアゴを数発殴打。藤岡さんは、仰向けに倒れたまま動かなくなったという。

 池袋署では、容疑を傷害から傷害致死に切り替え調べを進めており、猪口容疑者は「殴ったことは間違いない」と容疑を認めている。