/樽美酒研ニまさかのネガキャンで“マッチ売りの少女”ツアーファイナル

樽美酒研ニまさかのネガキャンで“マッチ売りの少女”ツアーファイナル

樽美酒研ニまさかのネガキャンで“マッチ売りの少女”ツアーファイナル
ゴールテープを切り充実の表情の樽美酒研ニ

 人気急上昇中のヴィジュアル系4人組エアバンド『ゴールデンボンバー』のドラム・樽美酒研ニ(ダルビッシュ・ケンジ、31)が10日、東京・新宿紀伊国屋書店で著書『ベスト オブ オバマブログ』(扶桑社)刊行記念ツアーファイナル握手会を開き、1000人のファンとともに有終の美を飾った。

 2月に250人が集まった渋谷でスタートし、全国25ヶ所のサイン会はすべてソールドアウトさせた樽美酒。その内容は一日60万PVを誇るブログを編集したもので、その素顔や、自身の裸成分の多いものが人気を呼び、続々と重版がかかり4版16万部を出荷するまでに至った。

 本日もマッチ売りの少女ルックで、控えめな感じかつ、女性ファンから黄色い歓声が飛ぶなか、現れた樽美酒。全国を回ったことに、「すごく疲れましたけど、回っていて元気をもらえました」と、振り返る。

 なかでも秋田県は印象的だったそうで、「スケベな都道府県といわれているのでどんな感じかと思って行ったら、変態ばかりでした」と、心なしか嬉しげで、「髪の毛は石けんで。体はローションで洗ってます」と、自身のことも明かしニヤリ。

樽美酒研ニまさかのネガキャンで“マッチ売りの少女”ツアーファイナル

 目標は200万部の売り上げだったが、現在は、「6万部売れました。売上の600万円のうち半分の300万円が印税ですけね。どう使う?ランボルギーニでも買おうかな」と、相変わらずのスケール感を見せることに。

 「今後も著書は出す?」の尋ねられた樽美酒は、「いえ、もう出しません…」と、発言したが一瞬考えこむと、「本は気が向いたら出します」と、続行も示唆。現在の野望は、「CDデビューですね。演歌で」と、ソロ活動かと思いきや、「バンドがあっての活動なので」と、仲間に気遣いしていた。

 最後に、「買わなくてもインターネットでタダで見れるので、買わないで、いいですか?買わないでください」と、まさかの“ネガティブキャンペーン”をした同書は980円(税込)で好評発売中!

樽美酒研ニまさかのネガキャンで“マッチ売りの少女”ツアーファイナル
樽美酒研ニ
樽美酒研ニまさかのネガキャンで“マッチ売りの少女”ツアーファイナル
登場はやっぱり控え目
樽美酒研ニまさかのネガキャンで“マッチ売りの少女”ツアーファイナル
なぜか股間に手を突っ込む
樽美酒研ニまさかのネガキャンで“マッチ売りの少女”ツアーファイナル
ファンとも丁寧に握手
樽美酒研ニまさかのネガキャンで“マッチ売りの少女”ツアーファイナル
お尻には“印税”の文字が
樽美酒研ニまさかのネガキャンで“マッチ売りの少女”ツアーファイナル
待ち切れずついたてから
樽美酒研ニまさかのネガキャンで“マッチ売りの少女”ツアーファイナル
ポスター

樽美酒研ニまさかのネガキャンで“マッチ売りの少女”ツアーファイナル