/大竹一樹、中村仁美アナ挙式で妊娠5ヶ月のサプライズ

大竹一樹、中村仁美アナ挙式で妊娠5ヶ月のサプライズ

 お笑いコンビ『さまぁ~ず』の大竹一樹(43)とフジテレビの中村仁美アナウンサー(32)が6日、東京・六本木のグランドハイアットで、挙式披露宴を行った。

 8年間という交際を経ての結婚式には、両家親族のほか、相方の三村マサカズ(44)も立ち会い、大竹は誓いのキスにも照れくさそうな表情を見せ、中村アナは終始笑顔だったという。

 7日付のサンケイスポーツ、日刊スポーツ、スポーツニッポン、スポーツ報知、デイリースポーツ、東京中日スポーツ各紙が報じており、披露宴は、後輩芸人の『バナナマン』とフジの佐々木恭子アナ(38)が司会を務め、ホリプロの先輩・和田アキ子(61)は「大竹には“一”、中村には“二”、三村に“三”が入っているから縁起がいい」とあいさつすると、出席していた笑福亭鶴瓶(59)、『とんねるず』の木梨憲武(49)や爆笑問題、約250人の出席者らが拍手を送った。

 また、中村アナが妊娠5ヶ月であることを披露宴中にサプライズ発表。大竹は、「二人の間に、現在5ヶ月になる新しい命が芽生えました。予定は4月ですが、今は無事生まれてこいという願いと己の体力が不安です」と、明かした。

 一方の中村アナも、「やっと安定期に入り、最近はピクピクと胎動も感じられるようになり…今はただただ無事に生まれてきてくれることを祈る毎日です」と、幸せいっぱいだったという。