/憂歌団ドラマー・島田和夫さんが急死 遺体で発見される

憂歌団ドラマー・島田和夫さんが急死 遺体で発見される

 1998年に活動を休止したブルースバンド『憂歌団』のドラマー・島田和夫さんが急死したことが2日、わかった。58歳だった。

 『憂歌団』の元マネージャーによると、1日深夜から2日未明にかけて、神戸市中央区の自宅前で倒れている島田さんが発見されたという。通報を受けた兵庫県生田署は当初、身元不明の変死体として扱ったが、島田さんの親族が遺体は島田さんであることを確認した。

 3日付のスポーツ報知が報じており、県警は同紙の取材に対し、「殺人など事件性はない。広報事案ではないので、発見日時や経緯などについてはお答えできない」とし、島田さんかどうかの最終的な確認はまだできていないとしている。

 島田さんは1954年、大阪府出身。74年に『憂歌団』に正式加入し、98年12月に活動休止するまで不動のメンバーで活動した。『憂歌団』活動休止後は、『コブクロ』のレコーディングに参加したり、『BEGIN』のライブにゲスト出演などしていたが、先月27日に神戸のライブハウスでの出演が最後のパフォーマンスとなった。