/イエローキャブ社長が首つり急死…自殺か

イエローキャブ社長が首つり急死…自殺か

 芸能プロダクション『イエローキャブ』の社長社長・帯刀孝則(おびなた・たかのり)さん(58)が28日、東京・港区の事務所内で首をつって死亡していたことが分かった。29日のフジテレビ系ニュースが報じた。

 警視庁などによると、28日午後3時すぎ、帯刀さんが東京・港区の事務所内で首をつっているのを関係者が発見。その後、死亡が確認されたという

 警視庁は、帯刀さんが自殺したものとみて、くわしく調べているという。

 帯刀さんは2006年同社社長に就任。小池栄子や佐藤江梨子らのタレントが所属している。