/タッキー舞台でトラブル発生!スタッフ負傷し12分中断

タッキー舞台でトラブル発生!スタッフ負傷し12分中断

 “タッキー”こと滝沢秀明(29)の主演舞台『新春 滝沢革命』が3日、都内・帝国劇場で行われ、スタッフが負傷搬送されるトラブルが起きていたことがわかった。

 3日の昼公演第1幕の滝沢、中山優馬(17)ら主要キャストの回想シーンで、舞台裏から「大丈夫か?!?」と叫ぶ声が客席まで響き、舞台が暗転し、緞帳(どんちょう)まで下りるただならぬ事態が発生。4日付の日刊スポーツ、スポーツニッポン、デイリースポーツ、スポーツ報知、サンケイスポーツ、東京中日スポーツで報じられており、支配人が登場し、「舞台機構のトラブルがあり、点検をしています。申し訳ございません」と謝罪し、安全確認のため、約12分間中断となったという。

 製作の東宝によると、舞台中央の大きなせりが上がってこなかったことが、トラブルの原因とのこと。消防庁の話では、トラブル発生直後の午後1時前後に帝劇から119番通報があり、ケガをした男性スタッフ(19)が、救急車で都内の病院に搬送。男性スタッフは、右ヒザ打撲及び左背部打撲と診断され、現場検証した警視庁丸の内署は、男性スタッフが他スタッフと舞台装置を動かす際に目測を誤り、3メートル床下に落下したと見ている。

 中断後、1幕、2幕ともに予定通り行われ、滝沢は「一時中断して、申し訳ございませんでした」と、ファンに謝罪。「(叫ぶ)声は聞こえましたが、(トラブルは)初めは全然わからなかった。お客様の貴重なお正月の時間なのに、僕としては残念でした。同じことがないように務めていきます」と、座長として二度とトラブルを起こさないことを誓った。