/ドラマーのジョニー吉長さん死去 元妻は金子マリ、長男は金子ノブアキ

ドラマーのジョニー吉長さん死去 元妻は金子マリ、長男は金子ノブアキ

ドラマーで俳優のジョニー吉長さん(本名・吉長信喜)が4日午前4時54分、都内の病院で肺炎のため死去した。63歳だった。

関係者によると、吉長さんは4月下旬、体調を崩し、入院。昨秋にNHK連続ドラマ『ビターシュガー』に出演後、急激にやせたため、体力が回復するまで仕事をセーブしていたという。関係者は「男気があり、芯が強く、何事も最後までやり通す方だった」とコメントした。

5日付の日刊スポーツ、スポーツニッポン、デイリースポーツ、スポーツ報知、サンケイスポーツ各紙が報じており、吉長さんは60年代からドラマーとして活躍。78年にChar(56)、加部正義(63)と『ジョニー・ルイス&チャー』を結成し、一躍ブレークした。俳優としても00年にドラマ『二千年の恋』(フジテレビ系)、映画『ラストシーン』などに出演。元妻はロック歌手の金子マリ(57)で、ミュージシャンで俳優の金子ノブアキ(30)、ベーシストのKenKenこと金子賢輔(26)は息子にあたる。

葬儀・告別式は近親者だけで執り行い、喪主は金子ノブアキが務める。