/「不倫は文化」の石田純一、二股にダメ出し!全部さらけ出す覚悟がないのが残念

「不倫は文化」の石田純一、二股にダメ出し!全部さらけ出す覚悟がないのが残念

「不倫は文化」の石田純一、二股にダメ出し!全部さらけ出す覚悟がないのが残念
覚悟が感じられないとバッサリの石田純一

 俳優・石田純一(58)が2日、神奈川・横浜の「トレッサ横浜」で行われた「START!SMART!トヨタホームのスマートハウスSTUDIO」の「石田純一さんと学ぶ『トヨタホーム』」トークイベントに出席し、二股交際の末、2人同時にプロポーズした俳優・塩谷瞬(29)に対し、「そこには文化がない」とダメだし。さらに、「全部さらけ出す覚悟がない」と一喝した。

 同スマートハウスは、直訳すると「賢い家」ということで、「HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)」を中心に、家庭内のエネルギー利用を最適にコントロールする住まいのこと。太陽光発電システム、家庭用の蓄電池、PHV、EVなど使い、電気を効率よく使うことにより、省エネ、ひいてはエコに役立てようとするもので、同所で、トヨタプリウスPHVやHEMSの展示が行われている。

 理子夫人(36)が11月7日が出産予定ということから、家や家族のことを考えるということでゲストに石田を迎え、トークショーと同ホームの説明が行われた。

「不倫は文化」の石田純一、二股にダメ出し!全部さらけ出す覚悟がないのが残念

 理子夫人から、「2人じゃなく、3人になったよ」と、家族が増えた報告を受けた時は、「待ち望んでいたことなので嬉しかったし、身が引き締まる思いだった」と、その瞬間を振り返った。

 いつもは、スケジュールを合わせて一緒行っているが、GWで仕事が立て込んでしまったため、今日は、ひとりで定期検診のために病院に行ってるそうで、「早く電話して様子を聞きたい」と、ちょっとソワソワ。エコーで見ると、「めちゃめちゃ暴れてるんですよ。でも、(僕たちが)しゃべりだすとピタッと止まって、僕たちがしゃべるの止めると、暴れ出すんです」と、目じりを下げ、パパの顔で答える。

「不倫は文化」の石田純一、二股にダメ出し!全部さらけ出す覚悟がないのが残念
子どもの笑顔のために頑張る

 もうそろそろ性別がわかるそうで、「女の子に囲まれて暮らすのもいいかなぁ…」と、さすが、「平成のモテ男」の異名を持つ石田らしい答え。

 子どもができて変わったことはないそうで、2人の時間、甘いハネムーン期間は終わってるのかなぁと、生活のリズムが徐々に子供中心にシフトしていっているそうで、「時間とって一緒にいる」そうで、「今までは、彼女のために頑張ってきたけど、これからは、生まれてくる子供たちが笑顔でいられるように頑張る」と、あらためて、誓った。

 そして、「結婚してよかったですか?」と問われると、「助け合い、励まし合って頑張っている。素敵な時間」と、実感を込めて語った。

 そこで、騒動になっている塩谷の話題にシフト。「2人の女性に『結婚しよう』といったことはありますか」と、問われると、「それはない。どんな事情があったにせよまずい。スマートな生き方を是非していただきたい」と、スマートハウスのイベントにひっかけて、感想を語る。

 石田自身も、モデルで、先日、妊娠4ヶ月であることが分かった長谷川理恵(38)と96年に不倫騒動を起こし、「不倫は文化だ」と名言を吐いたことを念頭に置き、「ボクも過去に経験ありますが、覚悟したほうがいい。TVは全部映る。(会見を見ていて)何か守ろうとしていると見えたのが残念だった。反省していると思うけど、もったいない気がする」と、バッサリ。

 さらに、「守ろうとした何か」について、「ちょっとした何か。イメージなのかプライドなのかそれにこだわっている」と、分析。

「不倫は文化」の石田純一、二股にダメ出し!全部さらけ出す覚悟がないのが残念
ファンに手を振る石田

 塩谷が泣いて謝罪したことについて、「男の涙はあまりいい感じではなかった。僕自身もやられたので、泣きたくなる気持ちわかるけど、まだ、混乱しているのかなぁ…支離滅裂。ここまできたら包み隠さずに。(報道陣の)みなさんの追及は厳しいので、『逃れよう』はムリ。全部さらけ出して」と、過去の経験からアドバイスを送った。

 さらに、「覚悟してさらけ出しても許してもらえない。それを背負って生きていく。そして、いつか晴らすことができる。僕は、すり抜けよう、かわそうとは思わなかった。受け止めて批判していただこうと臨んだ。覚悟ない感じで、守ろうとしていると感じた」と、手厳しく批判した。

 両方に結婚を申し込んだ心理について問われると、「本当にモテる人っていうのは、(軽々しく)いわない。逆にモテないんだなぁと思った。言わないとつなぎとめられなかったのかなぁと。(僕自身は)言う必要がなかった」と、“恋愛マスター”とも言われる石田との格の違い見せつけるコメント。

 また、「不倫は文化だといっていたが、二股はいかがでしょうか?」と問われると、「状況が状況だけに、文化じゃない」とし、「今回、お2人の女性の方が男前で、かっこよかった。男として残念。悪い2枚目でいいから頑張って。ここからがスタート」と、エールも送った。

 最後に、石田自身は“二股”について、「心配ないです。あってはならない」と、キッパリ。さらに、「不倫と二股どっちが悪い?」と、あらためて問われると、「どちらもダメでしょうね。スマートな生き方を心がけて生きたい」と、結婚し、新たな生命の誕生を目前にし、考えが変わったようだ。

 

「不倫は文化」の石田純一、二股にダメ出し!全部さらけ出す覚悟がないのが残念
二股にダメ出しした石田純一

「不倫は文化」の石田純一、二股にダメ出し!全部さらけ出す覚悟がないのが残念
今日もノーソックスの石田