/高嶋政伸と美元そろって離婚裁判出廷…3時間以上の双方証言

高嶋政伸と美元そろって離婚裁判出廷…3時間以上の双方証言

 俳優・高嶋政伸(45)と妻でモデルの美元(32)が1日、東京家庭裁判所で行われた離婚裁判にそろって出廷した。

 離婚裁判中の2人の同時出廷に、傍聴希望者が殺到し、家裁では異例の整理券の配布が実施。17席分しかない傍聴券を求め425人が行列をなし、3時間以上にわたった法廷でのやりとりを、ワイドショーが取り上げることとなった。

 2日付の東京中日スポーツ、デイリースポーツ、スポーツニッポン、スポーツ報知、日刊スポーツ、サンケイスポーツ各紙が報じており、入廷時に目を合わせた2人だが、その後合わせることはなく、被告の美元は「今日も会えてうれしい」と話すことに。

 高嶋は美元について、「怒ったら手が付けられない」「被告の怒りのスイッチが入らないようにビクビクしていた」と、説明。生活費を月30万円渡したが足りないと言われ、09年7月に弁護士を交え話し合い300万円渡し、翌10年5月から50万円に増額も「基本は月100万に小遣い9万。109万円が必要な女」とした。

 なお、美元がDVの証拠として提出した音声テープについても高嶋は「(美元に)左目を殴打され、目がつぶれるかと思った。このままでは被告に殺されるかと思い玄関から出そうとした。殴ったりは一切ない」と主張。それに美元は、「薬や酒を飲むと目つきが変わる。感情的になったり記憶がなくなる。薬を飲まなければ暴力は振るわない人」とし、「事実と異なることがたくさんある。尊敬する一方、どれだけ孤独で不安だったかを感じたので誤解を解きたい」と、話した。

 そして、高嶋が「完全なるストーカー行為。恐怖の対象でしかない。一緒にいると必ず体調を崩すのでいられない。愛情は一切ない」。弁護人から「やり直すつもりは」と問われると、質問が終わる前に「全くありません」と答え、「芸能生活をなげうってでも別れたかったので裁判に持ち込んだ」と強く訴え、美元の方は、関係修復の可能性を聞かれ、「できると思う。離婚する理由が見つからない。これまで夫が示してくれた愛情ですね。休みなく働いてきたので、期間を置けば頭のいい人なので思い直してくれる。戻ってくれると願ってます」と語った。