/早乙女太一が西山茉希への暴行認める!釈明会見で仲直り強調

早乙女太一が西山茉希への暴行認める!釈明会見で仲直り強調

 大衆演劇俳優・早乙女太一(20)が、交際中のモデル・西山茉希(24)と一時破局危機に陥り、14日、都内・明治座で舞台出演後に釈明会見を行った。

 きょう15日発売の『女性自身』(光文社)が、11日未明に路上で2人が大ゲンカし、早乙女が西山に激しい暴行を加えた様子を掲載。早乙女は異例の釈明会見を開き、「心配を掛けてしまい、申し訳ありませんでした」と謝罪し、「きちんと落ち着いて話し合って、仲直りしました。彼女に信じてもらえたので、2度と同じ繰り返しがないようにします」と仲直りを強調した。

 15日付の日刊スポーツ、スポーツニッポン、デイリースポーツ、スポーツ報知、サンケイスポーツ、東京中日スポーツ各紙が報じており、早乙女も「暴力になると思う」と暴行を認めたが、殴ったり、叩きつけたり、投げ飛ばすなどの行為は「一切していない」と否定。

 ケンカの原因については、「僕が(西山の)気になることを彼女に言って、いままでの2人の不満や積み重ねたものが、その時に爆発してしまった」と説明するとともに、都内の自宅マンションで「けっこう前から」同居していたことも明かした。

 結婚を考えているかと聞かれると、「まだ、形になっていないので何とも言えないですけど、一緒に成長できていけたらいい」とコメントした。