/つるの剛士、「8割2割の法則」が毎日を楽しく過ごす極意!堀ちえみに憧れ芸能界入り

つるの剛士、「8割2割の法則」が毎日を楽しく過ごす極意!堀ちえみに憧れ芸能界入り

つるの剛士、「8割2割の法則」が毎日を楽しく過ごす極意!堀ちえみに憧れ芸能界入り
「8割ポワワ?ンで2割頑張る生活」とつるの剛士

 俳優でタレントのつるの剛士(37)が12日、都内で行われたフォトエッセイ『つるのバランス?8割ポワワ?ンライフ☆?』(Sony Magazines)の発売記念握手会&サイン会を行った。

 仕事も忙しく、釣り、将棋、音楽、バイクなど多趣味。さらに子育ても全力投球で楽しむ、つるののプライベートを、撮り下ろし写真、言葉、そして、本人によるイラストでつづった。そこには「つるの流生き方」の法則があった。

 1年ぐらいかけて暇があるときに、「ポワワ?ンと書いて出来たって感じです」と、肩の力を抜いて書いたそうで、「いままでで一番、素の部分が出ている」と、語る。「読んでくれている人もいますが、とくに感想(は聞いて)ないなぁ。まだ、うちの奥さんも読んでないです」と、どこまでも自然体。

つるの剛士、「8割2割の法則」が毎日を楽しく過ごす極意!堀ちえみに憧れ芸能界入り

 多趣味歴は、小学校2年からで、“筋消し(キン肉マン消しゴム)”、“ガン消し(ガンダム消しゴム)”、おニャン子クラブにハマったそうだ。特に、「堀ちえみさんから芸能界目指しました。『スチワーデス物語』での松本ちあき見て、僕の心は堀さん一色。芸能人になったら、堀さんに会う」と、芸能界入りのきっかけもアイドルにハマった“趣味”が高じたものだった。

 また、映画『トラック野郎』を見てカッコイイなぁと思い“デコトラ(デコレーショントラック)”にハマり、プラモやホビーでは飽き足らず、「本物のトラック欲しくなったので、奥さんに言ったら、『駐車場ないじゃん』の一言でした。あとで考えたら、駐車場あったらいいんか」と、奥様もなかなかの操縦術のようだ。

つるの剛士、「8割2割の法則」が毎日を楽しく過ごす極意!堀ちえみに憧れ芸能界入り
戸塚料金所がONOFFの切り替えポイント

 子どもに対しては、「ボクの趣味は広く浅くなので、子供にはひとつのことをまっすぐに極めてほしい感はある。だけど、好奇心旺盛なんで、僕みたいに多趣味になっていくだろうなぁ…おもちゃがたくさんあるし、楽器、釣竿、サーフボードもたくさんあって、お父さんウルトラマンだし。子供が羨ましくてしょうがない」と、子供に嫉妬する親って…。

 ONとOFFの切り替えは、「家が湘南なんで、戸塚の料金所過ぎた瞬間にスイッチ切り替わる」そうで、湘南がプライベートで東京が仕事させていただく場所。

 毎日を楽しく過ごす秘訣は、つるの流の「8割2割の法則」。これは、1日中ずっと頑張っていると疲れちゃう。だから、「ここだ!」っていうポイントだけ頑張る。その割合がだいたい8割2割で、「8割ポワワ?ンで2割頑張る生活」だという。

 そして、バランス感覚が大事だという。「趣味だけに走ってもだめだし、仕事ばっかりやり過ぎてもダメ。1個が崩れると全部が崩れちゃう。趣味がないと仕事が出来ないし、家庭がないと仕事が出来ないというバランス。家庭も仕事も趣味もすべてバランスよく時間を使うことが大事」で、それが、最高の“つるのバランス”だ。

 同エッセイは1500円(税込)で絶賛発売中。

 

つるの剛士、「8割2割の法則」が毎日を楽しく過ごす極意!堀ちえみに憧れ芸能界入り
家庭も仕事も趣味もバランスよくが大事
つるの剛士、「8割2割の法則」が毎日を楽しく過ごす極意!堀ちえみに憧れ芸能界入り
堀ちえみに会いたくて芸能界入り


つるの剛士、「8割2割の法則」が毎日を楽しく過ごす極意!堀ちえみに憧れ芸能界入り
「一番、素が出ている」フォトエッセ