/エビ中・安本彩花 悪性リンパ腫の寛解を報告

エビ中・安本彩花 悪性リンパ腫の寛解を報告

 6人組アイドルグループ『私立恵比寿中学』の安本彩花(22)が5日、自身のインスタグラムで、昨年10月から闘病していた悪性リンパ腫が、「寛解」したことを発表した。

 インスタでは、「皆さんにお知らせです。悪性リンパ腫での約5ヶ月の闘病生活を経てついに寛解致しました!」と、喜びの報告。「寛解」は完治ではないものの、病気の症状が消失した状態のことを意味する。

 続けて、悪性リンパ腫と知らされたきのことを「とっても複雑な感情でした! なんて表現したらいいかわからないくらい…あんな感情初めてでした」と振り返り、「でも癌と闘っているうちに、体がどんどん良い方向に変わっていくと同時に自分自身も変わっているのをすごく感じました! 前より元気になったのを感じ初めています! すごいですよね!!! これからもっと感じる事ができるのかなーって思ったらもっと楽しみです」と、明るく気丈につづった。

 安本は今後、芸能活動は医師と相談しながら、できる仕事から始めていく予定といい、ライブ復帰時期は未定だが、「復帰に向けて少しずつ準備して参ります! まずは体力戻すぞー!!!! 皆さんに大好きなステージでお会いできる日を楽しみに頑張っていきます」と意気込んでいる。