/漫才師・東京丸さん死去 ナイツ紹介で再ブレイク

漫才師・東京丸さん死去 ナイツ紹介で再ブレイク

 漫才コンビ『東京丸・京平』の東京丸(あずま・きょうまる、本名・楠本賢次郎)さんが1月30日に心不全のため亡くなっていたことが8日、分かった。74歳だった。

 同日、所属の落語芸術協会が発表。葬儀はすでに近親者で執り行われたという。京丸さんは俳優業を経て、1972年10月に東京平(あずま・きょうへい)とコンビを結成。89年に漫才協団(現・漫才協会)の13代真打ちとなる。スピード感あふれる漫才で活躍し、活動休止期間もあったが、漫才協会の後輩の『ナイツ』がテレビ番組で紹介し、再ブレイクした。

 最後の寄席出演は昨年6月10日の浅草演芸ホールだった。