/猫ひろし ロンドン五輪代表危機!?カンボジア最速ブンティン法的措置辞さず

猫ひろし ロンドン五輪代表危機!?カンボジア最速ブンティン法的措置辞さず

 北京五輪男子マラソンカンボジア代表のヘム・ブンティン選手が17日、昨年10月にカンボジア国籍を取得したお笑いタレント・猫ひろし(34)のロンドン五輪代表が覆らない場合、同国五輪委員会などを相手に法的措置に訴える可能性を示唆した。共同通信の電話インタビューに答えた。

 カンボジア五輪委員会は3月に猫を代表に選んだが、国際陸連が参加資格を疑問視。ブンティンは猫に対し、「カンボジア国籍を取得して1年もたっておらず、日本に住んでいる。タイムも自分より遅い」と批判した。

 18日付の日刊スポーツ、スポーツニッポン、デイリースポーツ、スポーツ報知、サンケイスポーツ、東京中日スポーツ各紙が報じており、ブンティンは15日のパリ・マラソンで2時間23分29秒のカンボジア新記録を樹立し、猫の自己記録を7分近く上回り、「帰国したらカンボジアの五輪委員会と陸連にパリでの記録を提出する。カンボジア人として国を代表したい」と、五輪出場をあきらめていないようだ。

 猫は五輪出場を見据え、6月17日にカンボジアで行われる『第2回プノンペン国際ハーフマラソン』に出場。ブンティンが出場するかどうかは不明という。昨年、同大会で猫はブンティンに敗れ2位だった。