/AKB48あっちゃん、6・6総選挙「辞退」!涙のビデオメッセージ7分19秒!全コメント

AKB48あっちゃん、6・6総選挙「辞退」!涙のビデオメッセージ7分19秒!全コメント

AKB48あっちゃん、6・6総選挙「辞退」!涙のビデオメッセージ7分19秒!全コメント
昨年の総選挙で1位に返り咲いたあっちゃん(=11年6月9日撮影)

 先月25日に行われた人気アイドルグループ『AKB48』のコンサート「業務連絡。頼むぞ、片山部長! in さいたまスーパーアリーナ」の最終日でAKB48からの卒業を電撃発表した“あっちゃん”こと前田敦子(20)が4日、6月6日に東京・日本武道館で行われる「第4回選抜総選挙」への参加を「辞退させていただきたいと思います。ごめんなさい」と、「Google+ 前田敦子ページ」および、YouTubeのAKB48公式チャンネルで、目に涙をため、涙声になりながら、7分19秒にわたって、自らの胸中を明かした。

 白いノースリーブのブラウスに、赤いショートパンツ姿で、ゆっくりと、やや緊張した面持ちで、カメラの前に立ったあっちゃん。

 (一礼して、)AKB48チームAの前田敦子です。

 3月25日の「さいたまスーパーアリーナ」で卒業の発表をさせていただきました。私はみなさんがご存じの通り、すごく不器用なので、同時にいろいろなことが一緒の時にすることができないというか、そんな自分にすごくいらだったりして、メンバーのみんなやスタッフのみなさん、こうやって応援してくださっているファンのみなさんにかなりご心配をおかけしたり、かなり迷惑をかけてしまったと思うんですけど、みなさんが、みんなが優しくて、自分自身ずっと甘えてきてしまったんだと思います。

 卒業のことを考え始めたのはずいぶん前で、メンバーみんなには言えなかったし、でも、たかみな(高橋みなみさん)だったり、一部のメンバーには相談していて、秋元(康)さんにもたくさん相談に乗ってもらったんですけど…全然リアルな話ではなく、私がもし…今の私がAKBじゃなくなったら何が残るんだろうと不安はたくさんありました。

 レコード大賞をいただいたり、この間は東京ドームでのコンサートが決まったり、みんなで紅白歌合戦に出場させていただいたり、少しずつでも着実にみんなで願ってきた夢がかなってきているかなと思ってきたところで、次のステップに進みたいなと。(苦笑い)メンバーのみんなも将来のことをたくさん考えてると思うんですけど、そのためにまず、AKBで本当にいろんなチャンスをいただいて、その私がまずは頑張らないといけないなと思いました。

 発表の時にもみなさんの前で言ったとおり、すごく不安ですし、たぶんみなさんも心配してくれてることだと思うんですけど、(涙をため、目を真っ赤にし、涙声になりながら)私なんかが独り立ちできるのか、いままでは、メンバーのみんながいてくれたし、AKBという戻る場所があったので。………でも、ここまで来たらというか、それでも、私はやってみたいなと思っています。(涙を手で拭い、鼻をすすりながら)応援してくれたらすごくうれしいです。

AKB48あっちゃん、6・6総選挙「辞退」!涙のビデオメッセージ7分19秒!全コメント

 今の段階では、ずっとみなさんにお伝えしているように、具体的な卒業する日などは何も決まっていなくて、みなさんとタイミングを相談しているところなのですが、AKBの総選挙の方は、辞退させていただきたいと思います。ごめんなさい。

 自分の口からお伝えしたかったので、このような形ではありますが、機会を作っていただきました。AKBのメンバーとしては残り少ないかもしれないんですが、卒業してからもぜひよろしくお願いします。応援してくれるとうれしいです。そして、何よりもAKB48のことを私と一緒にたくさん応援してください。

 AKB48の前田敦子でした。