/KEIKO自宅で倒れ救急搬送!夫の小室がずっと付き添い

KEIKO自宅で倒れ救急搬送!夫の小室がずっと付き添い

 人気音楽プロデューサー・小室哲哉(52)の妻で歌手のKEIKO(39)が24日夕方、都内の自宅で倒れ、病院に緊急搬送された。

 関係者によると、KEIKOは24日の夕方、都内の自宅で突然、体調不良を訴えて倒れた。小室が救急車を呼び、都内の病院に緊急搬送されたという。現在も入院中だが、意識があり、命に別条はないという。病名など詳細については検査中のため不明。小室がずっと付き添い、病状を見守っているという。

25日付のスポーツ報知、サンケイスポーツがスクープしており、今年5月には小室哲哉が発売したソロアルバム『Digitalian is eating breakfast 2』に「K-C-O(ケイコ)」名義でゲストボーカルとして参加。また、最近では今月26日に発売するコンピレーションアルバム『Dramatic Life 2』で、藤井フミヤの「True Love」をカバーするなど、歌手活動を行っていた。

 KEIKOは1995年8月、小室が主催したオーディションを機に小室、マーク・パンサー(41)との3人組ユニット「globe」のボーカルとしてデビュー。02年11月に小室と結婚し、公私ともにパートナーとなった。だが、08年11月には小室が著作権譲渡を巡り5億円をだまし取った、として大阪地検特捜部に逮捕され、09年5月に懲役3年、執行猶予5年の判決を言い渡されるなどの苦労も経験した。

 逮捕当時は離婚説もささやかれたが「ともに生きる覚悟です」とのコメントを発表、その後も小室を支え続けていた。それだけに小室のショックは大きく、妻の一刻も早い病状回復を願っている。