/ヤクルト青木選手妻で元テレ東アナ佐知夫人第1子女児出産

ヤクルト青木選手妻で元テレ東アナ佐知夫人第1子女児出産

 プロ野球・ヤクルトスワローズの青木宣親外野手(29)の妻で元・テレビ東京アナウンサーの佐知夫人(旧姓・大竹、28)が、先月28日に女児を出産していたことを、30日付の佐知夫人のオフィシャルブログで発表した。

 「☆ご報告☆」とのタイトルで、女児の手の写真が掲載されている。

 冒頭で、「私、10月28日18時09分に3308グラムのビックベイビーを無事出産しました」とし、母子ともに健康なことを明かす佐知夫人。

 「やはり出産は大変な大仕事ですが、我が子に逢えた時の感動は今でも忘れられません 新しい命に巡り逢えた喜びを体中で感じています」と、出産のときのことを振り返る。

 クライマックスシリーズに突入しスター選手として活躍する青木選手も献身的に尽くしていたようで、「大切な時期にも関わらず、仕事を全てこなしながら出来る限り付き添ってくれた主人」や、「ずっと付き添い、励まし続けてくれた母、そして、一生懸命頑張って、素晴らしいタイミングで主人と私の元に舞い降りてくれた天使ちゃんに感謝です」と、周りに感謝をささげている。