/杉本彩が急性虫垂炎で入院

杉本彩が急性虫垂炎で入院

 タレント・杉本彩(43)が、急性虫垂炎と軽度の腹膜炎のため、18日に緊急入院していたと、20日付の日刊スポーツ、デイリースポーツ、スポーツ報知、サンケイスポーツ、東京中日スポーツ各紙が報じている。

 所属事務所によると、杉本は17日に仕事先の大阪で腹痛を訴え、病院で診察を受け、急性虫垂炎と診断され、翌18日に帰郷し、そのまま入院。手術は行わず、絶食と抗生剤投与による治療で、約1週間入院する予定とのこと。

 杉本は自身のブログ『杉本彩のBeautyブログ』で、「少しスローペースで気楽にいきなさいという、天からのメッセージと思い、無理はほどほどに気をつけて頑張りたいと思っております」とつづっている。