/五輪目指すしずちゃん黒木瞳からグローブ贈呈!黒木瞳と真矢みきは自虐的に

五輪目指すしずちゃん黒木瞳からグローブ贈呈!黒木瞳と真矢みきは自虐的に

五輪目指すしずちゃん黒木瞳からグローブ贈呈!黒木瞳と真矢みきは自虐的に
全国ロードショーは2月18日より!

 お笑いコンビ『南海キャンディーズ』の“しずちゃん”こと山崎静代(32)が30日、都内の有楽町スバル座で行われた、『ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター』(監督:星田良子/配給:東京テアトル)完成披露試写会に、共演の女優・黒木瞳(50)、木村多江(40)、真矢みき(47)、星田監督(62)とともに登壇し、撮影エピソードなどを話し、ロンドンオリンピックへの意気込みもコメントした。

 本作品の原作は、『1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーター』(著者:五十嵐貴久)で、全員が実際に楽器を演奏して撮影に臨み、3ヶ月間の個人レッスンや特訓を重ね「プロのアフレコを入れるのは嫌だ」と、いう星田監督のリクエストに答えた4人。男運のない・カオリ(木村)、元ロッカーらしき謎の女・新子(真矢)、空回りの優等生主婦・恵美子(黒木)、万引き常習犯のパート主婦・雪見(しずちゃん)の、アラフォー4人がひょんなことから意気投合し、ロックバンドを通して、日常の悩みから自身を解放し、青春の花を再び開花させる、大人のガールズムービーとなっている。
 

五輪目指すしずちゃん黒木瞳からグローブ贈呈!黒木瞳と真矢みきは自虐的に
左から、真矢みき、木村多江、黒木瞳、山崎静代、星田良子

 ひときわ身長で目立つしずちゃんは、グリーンを基調とした衣装で、サミュエルパンツにオレンジのサンダルを合わせて、少しガーリーな雰囲気。同作品中で、ドラムを担当したしずちゃんは「叩くのは得意」と、女性ボクサーとしての一言が飛び出し「人叩いて、サウンドバック叩いて」と、冗談を話しつつ「大きな身体の全部に神経を使うのは難しかった。でも、フェイントでリズムを変えるのは、ボクシングにいかせる」と、タイトルにもなっているディープ・パープルの名曲『スモーク・オン・ザ・ウォーター』に合わせて、ジャブを披露してみせた。

 また、喧嘩のシーンで、黒木が木村を殴る場面があり、木村が「本番の前に『本当にいくからね』と、瞳さんにいわれていて『思いっきりいってくださいと』言った。実際にものすごい勢いよく叩かれて、フラフラっとした」と、エピソードを話すと、しずちゃんは「私が叩くんじゃなくてよかった」と、ニヤリ。「本気でやったらヤバい」と、会場の笑いを誘った。

サイン入りグローブ贈呈!

 そしてこの日、7月のロンドンオリンピックへ向け活動し、2月の選考会が間近に迫ったしずちゃんへ、3人からサイン入りのピンクのボクシンググローブを贈呈。感激したしずちゃんは、「(試合中には)つけられないけど、見て頑張ろうと思う」と、励みになったよう。今までヘビー級にはしずちゃんしかいなかったが、ライバルが現れたこともあり、報道陣から意気込みを聞かれると「勝ちます!」と、即答し自信をみせた。

 最後に取材陣から、アイドルグループ『AKB48』の新曲もバンドであることについて問われると、黒木は「人数では負けるけど、年齢では勝つね!」と、闘争心を燃やし、真矢も「明日で48になるんです。“あか抜けたババア”ね」と、自虐的なコメントで報道陣を笑わせた。

 同作品は、2月11日より有楽町スバル座にて先行公開後、18日より全国ロードショー!

五輪目指すしずちゃん黒木瞳からグローブ贈呈!黒木瞳と真矢みきは自虐的に
山崎静代
五輪目指すしずちゃん黒木瞳からグローブ贈呈!黒木瞳と真矢みきは自虐的に
グリーンが基調の衣装にオレンジのサンダルを合わせたしずちゃん
五輪目指すしずちゃん黒木瞳からグローブ贈呈!黒木瞳と真矢みきは自虐的に
黒木瞳
五輪目指すしずちゃん黒木瞳からグローブ贈呈!黒木瞳と真矢みきは自虐的に
ブラックのワンピース
五輪目指すしずちゃん黒木瞳からグローブ贈呈!黒木瞳と真矢みきは自虐的に
木村多江
五輪目指すしずちゃん黒木瞳からグローブ贈呈!黒木瞳と真矢みきは自虐的に
役柄とは真反対の清楚な衣装
五輪目指すしずちゃん黒木瞳からグローブ贈呈!黒木瞳と真矢みきは自虐的に
真矢みき
五輪目指すしずちゃん黒木瞳からグローブ贈呈!黒木瞳と真矢みきは自虐的に
ゴールドのジャケットでロックな雰囲気!
五輪目指すしずちゃん黒木瞳からグローブ贈呈!黒木瞳と真矢みきは自虐的に
真矢みき