/米倉涼子 主演ドラマ初回平均視聴率18・6%の好発進!報われてよかった

米倉涼子 主演ドラマ初回平均視聴率18・6%の好発進!報われてよかった

 女優・米倉涼子(37)が主演する18日から放送されている連続ドラマ『Doctor-X 外科医・大門未知子』(テレビ朝日系、木曜・午後9時~)の初回平均視聴率が18・6%だったことが分かった。ビデオリサーチが19日、発表した。

 番組では、米倉は、特定の病院に属さないフリーの天才女外科医を演じる。同時間帯及び、同日全時間帯でトップとなる高視聴率で、同局によると、同局で米倉が主演したドラマ史上、最高視聴率となったという。

 20日付のスポーツニッポン、日刊スポーツ、サンケイスポーツ、スポーツ報知、東京中日スポーツ各紙が報じており、この高視聴率に「高視聴率をいただき、たくさんの方々に見てもらえたということで、とてもうれしいです。(9月16日まで演じた)舞台『CHICAGO』から休みなく撮影に入ったのですが、報われてよかったです」と、喜びのコメントを寄せている。