/navy&ivory「指輪」レコチョク(r)チャート1位!加藤茶 披露宴エピソードに大反響

navy&ivory「指輪」レコチョク(r)チャート1位!加藤茶 披露宴エピソードに大反響

navy&ivory「指輪」レコチョク(r)チャート1位!加藤茶 披露宴エピソードに大反響
ベスト盤「くるっとひとまわり~navy&ivoryall time best~」アルバムジャケット

 2人組音楽ユニット『navy&ivory(ネイビー・アンド・アイボリー)』の2005年に発表した結婚式での定番ソング『指輪』が7月31日付のレコチョク(r)チャートで、加藤ミリヤ、西野カナ、シェネルらを抑え、堂々の1位を記録した。

 『navy&ivory』といえば、キーボード&コンポーザーの吾郷水木生とボーカル・下地正晃により2000年に結成され、切なく心に迫る“ちょっと不器用な恋愛”を歌い続けている。今年は結成12周年を記念したベスト盤『くるっとひとまわり~navy&ivoryall time best~』をリリースしたり、タレント・JOYが『指輪』のカバーするなど、まさに『navy&ivory』イヤーのまっただ中だ。

 今回『指輪』がチャートで1位となったのは、30日放送のバラエティ番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系、月曜・午後9時~)で46歳差の年の差婚で話題となった『ザ・ドリフターズ』加藤茶(69)の披露宴でのエピソードがあったからだった。

 披露宴は新婦・綾菜さんに仕切りを任せっきりだったそうだが、唯一加藤がこだわった演出があったそうで、それは、2人から両親への手紙を披露する場面。2人は、手紙を読みあげるのではなく、スクリーンに文面を映し『指輪』をかけること。

 「約束します、君を残して僕は死ねません」という『指輪』の歌詞が、06年に大動脈瘤乖離を発症し、一時は生死が危ぶまれ、09年に綾菜さんと出会った加藤にとって、自身の思いとぴったり合っていると思ったという。

 場内に曲が流れると「この曲知ってるすごく好き!」と神田うのや、「年の差婚のテーマソング」になりそうと今田耕司も感激。そのとき、加藤は、「俺は長生きするから、一日でも長く大事に生きよう」と心に誓ったという。

navy&ivory「指輪」レコチョク(r)チャート1位!加藤茶 披露宴エピソードに大反響

 そして、31日付のレコチョク(r)チャート1位、『指輪2009ヴァージョン』も同時に5位でチャートイン、iTunesチャートでも、シャネル、Superfly&トータス松本に続き3位という、感動とともに大きな反響が寄せられることとなった。

 このことに下地が、「僕等が小さい頃、いつもブラウン管で観ていた大スター加藤茶さんが、僕等の曲を大事に聴いて下さってるなんて…なんか不思議な感じですよ(笑)」と、コメントを寄せ、「奥さんの綾菜さんを一途に想う茶さん、素敵でした!!一緒に出られていた、うのさんも『あたしも大好きなの~!』と言って下さってて嬉しかったな~!!いつか加藤茶さんにお逢いできる日が来たら生で指輪を聴いて頂きたいです!!加藤茶さん、奥さんの綾菜さん僕等の曲を大事に聴いて下さりありがとうございます」と、続けてお礼を述べた。