/元朝青龍 母国モンゴルで警察官を暴行していた!

元朝青龍 母国モンゴルで警察官を暴行していた!

 大相撲の元横綱・朝青龍ことドルゴルスレン・ダグワドルジ氏(31)が5月、モンゴル・ウランバートル市内で酒を飲み、警察官を暴行し、公務執行妨害の罪で罰金2万ツグリク(約1200円)を支払っていたことが2日、わかった。

 モンゴル警察庁によると、ダグワドルジ氏は5月1日夜、市内でビールを飲んだ後、四輪駆動車を運転し、ガードレールにぶつける事故を起こした。警察官が酒気帯び運転の疑いで連行しようとすると、これを拒否し、警察官の胸ぐらをつかみ、制服を破ったという。警察官にケガはなかった。

 3日付のスポーツニッポン、デイリースポーツ、スポーツ報知、サンケイスポーツ各紙が報じており、ダグワドルジ氏は罰金のほか、警察官の制服代として15万ツグリク(約9000円)を支払ったとのこと。ダグワドルジ氏は2010年1月の初場所中、一般人を相手に暴行問題を起こし、引退している。