/AKB48こじはる 新たな危機管理で魔法使いの劣等生演じる

AKB48こじはる 新たな危機管理で魔法使いの劣等生演じる

 人気アイドルグループ『AKB48』の“こじはる”小嶋陽菜(24、チームA)が7月7日スタートのドラマ『メグたんって魔法つかえるの?』(日本テレビ系、土曜・深夜1時35分~)を主演することが1日、分かった。

 こじはるが演じる魔法使いメグは魔法学校の劣等生という設定で、王様から人間界での修行を命じられるが、魔法使いであることが発覚すると魔女の世界に戻れなくなるという厳しい掟が。ミスしたときは、パンチラで相手の記憶を消すという、新たな危機管理が話題の作品となっている。

 2日付のスポーツ報知、スポーツニッポン各紙が報じており、こじはるは、「久しぶりなので緊張してますが、バラエティーみたいな雰囲気なので不思議な気持ちです」と、心境を。

 パンチラについては、「そんなにひどくない、上品なパンチラならお願いしますと言いました」と、コメントしている。