/河本準一 岡山県津山市の観光大使辞任へ…生放送でも改めて謝罪

河本準一 岡山県津山市の観光大使辞任へ…生放送でも改めて謝罪

母親の生活保護費受給問題を受け、お笑いコンビ『次長課長』の河本準一(37)が、岡山県津山市から任命されている同市観光大使の辞任を申し出たことが29日、わかった。

所属の吉本興業によると、同社担当者が29日に津山市を訪れ、問題の経緯を説明。不正受給でなく、道義的問題とした上で「地元にこれ以上迷惑をかけたくない」と、大使辞任を申し出た。きょう30日にも辞任が発表される。

30日付の日刊スポーツ、スポーツニッポン、デイリースポーツ、スポーツ報知、サンケイスポーツ、東京中日スポーツ各紙が報じており、市によると、河本は同市内の小学校に3年から6年まで通っていたという。同市でロケを行った映画『ホルモン女』にも出演したことから、昨年7月から任期1年で観光大使に任命された。

また、河本は29日、レギュラー番組の『火曜サプライズ』(日本テレビ系、火曜・午後7時~)に生出演。番組冒頭で、「私事でございますが、皆さまお騒がせして申し訳ありませんでした」と謝罪した。