/神谷浩史 映画『金の国 水の国』のナレーション&キャラクターPV
神谷浩史 映画『金の国 水の国』のナレーション&キャラクターPV

神谷浩史 映画『金の国 水の国』のナレーション&キャラクターPV

神谷浩史 映画『金の国 水の国』のナレーション&キャラクターPV

 1月27日より公開されるアニメ映画『金の国 水の国』(監督:渡邉こと乃/配給:ワーナー・ブラザース映画)の主人公サーラとナランバヤルの魅力や見どころシーンを凝縮した、それぞれのキャラクターPVが新登場。ナレーションを務めるのは、同作で<金の国>の“イケメン”左大臣サラディーンを演じる、声優・神谷浩史。映画公開前におさえておきたい、不器用で愛おしい主人公2人の魅力をぜひチェック!

 100年断絶している2つの国。<金の国>の誰からも相手にされないおっとり王女サーラと、<水の国>の貧しい家族思いの建築士ナランバヤルは、敵国同士の身でありながら、国の思惑に巻き込まれ“偽りの夫婦”を演じることに。お互いの想いを胸に秘めながら、真実を言い出せない不器用な2人の<やさしい嘘>は、国の未来を変えるのかー。

 一足早く試写会で映画を観た観客からは、SNSを中心に「あまりに見事で言葉にならない。涙は止まらないのに心はぽっかぽか」「垣間見えてくる最高純度のやさしさに。時に心の底で眠っているそのやさしさに。ふと涙が出てきました」と、感動の声が続々!早くも2023年〝初泣き”映画として期待値が高まっている。さらに話題を集めているのが、本作に集結した声優陣の豪華さ。ナランバヤル役・賀来賢人とサーラ役・浜辺美波のW主演を始め、戸田恵子、神谷浩史、沢城みゆき、木村昴ら人気実力派声優が勢ぞろいし、個性豊かなキャラクターたちをさらに魅力的に見せている!

 ◆金の国・サーラ篇
神谷浩史 映画『金の国 水の国』のナレーション&キャラクターPV神谷浩史 映画『金の国 水の国』のナレーション&キャラクターPV



 広大な砂漠に君臨し、水以外何でも手に入る裕福な商業国家<金の国>。大国の王族ながら、誰からも存在を忘れられている、おっとりした第93王女が主人公のサーラだ。いつでも笑顔を絶やさない穏やかな性格ながら、たくさんの姉王女たちに引け目を感じており、「自分が美しいと思ったことなんて、今まで一度もないのだから」と自信の無さから何に対してもあきらめがち。しかし、敵対する<水の国>のナランバヤルと偶然出会い、”偽りの夫婦”を演じることになり、その心にも少しずつ変化が…。やがて国の未来、そして自身の人生をも大きく変える決断を迫られることとなり、思わず応援したくなるようなヒロインとして、様々なシーンで不器用ながら大活躍を見せていく!王女らしく、バリエーション豊富に登場するドレスや衣装も見どころの一つだ。
 本作を監督した渡邉こと乃監督は、サーラというキャラクターについて「若干諦めた心があるんですけど、精神的に図太いところもあるキャラクターではあるのでそこは大事にして、彼女の心に刺さっているトゲを所々に出しつつ、中盤でそれが顕著になる感じにしようと思いました」と、演出意図を明かしている。本映像には、「傷つくことなど、恐れている場合ではなかったのです」と語り、何かを決心した表情で駆けだすサーラの姿も。
 声を担当するのは、今年も話題作への出演が続く浜辺美波。やさしさの中にも芯の強さが感じられる浜辺の声も相まって、映画本編のサーラのひたむきさに思わず心打たれてしまうこと必至!

 キャラクターPV(金の国・サーラ篇)

 ◆水の国・ナランバヤル篇
神谷浩史 映画『金の国 水の国』のナレーション&キャラクターPV神谷浩史 映画『金の国 水の国』のナレーション&キャラクターPV



 サーラと出会うもう一人の主人公が、貧しいが豊かな緑と水に恵まれた<水の国>に暮らす、貧しい建築士のナランバヤル。お調子者ながら家族思いのやさしい青年だが、国と自分の将来に夢や希望が持てずにいたところ、国の思惑に巻き込まれ、サーラと“偽りの夫婦”を演じることに。「何事も平和が一番」と微笑むサーラいつしか心を射抜かれたナランバヤルは、水資源が枯渇している<金の国>の実態を知り、「お嬢さんが生きている間に、水に困らない国にしたいとサーラの未来を案じ、敵対する2国の国交を開くため命を懸けた覚悟を決めることに!コミカルからシリアスまでさまざまな表情をのぞかせながら、適当そうに見えてキメるところはしっかりキメる、ナランバヤルのペースにいつの間にかハマってしまうこと間違いなし!
 渡邉監督はナランバヤルの魅力について「口が達者で頭の回転も早いところがクローズアップされやすいんですけど、気持ちの根幹には優しさがあって、サーラの事を思って行動してくれる」と語り、「彼自身にも夢があってそれを実現させようとしているので、主体性を持たせて描こうと思いました」とキャラクターに込めた思いを明かしている。
 声を担当するのは、さまざまな作品で幅広い役柄を演じこなす賀来賢人。原作ファンからも「イメージ通り」と評判の賀来の声が、ナランバヤルに新たな魅力を吹き込んでいる。

 キャラクターPV(水の国・ナランバヤル篇)

 周囲についていた2人だけの“小さな嘘”は、やがてお互いを思いやる“やさしい嘘”へと変わってゆく。お互いの想いを胸に秘めながら、真実を言い出せない不器用な2人は、果たして国の未来を変えることができるのか!?<最高純度のやさしさ>溢れるその結末に、2023年あなたはきっと初泣きする――。映画『金の国 水の国』は2023年1月27日(金)全国ロードショー!

 同作は、ランキング『このマンガがすごい!』で、2017年(『金の国 水の国』)、2018年(『マロニエ王国の七人の騎士』)と連続して1位(オンナ編)を獲得し、別作品で史上初めて二連覇(※異なる作品で)を達成した唯一の作家・岩本ナオ。マンガ好きの域を超え、各界から絶賛され映像化希望が殺到した『金の国 水の国』が待望の映画化!

 映画『金の国 水の国』は2023年1月27日(金)より全国劇場公開!

 <作品情報>
 【タイトル】
 『金の国(半角アケ)水の国』
 【キャスト】 
 賀来賢人 浜辺美波
 戸田恵子 神谷浩史 茶風林 てらそままさき 銀河万丈
 木村昴 丸山壮史 沢城みゆき
 【原作】
 岩本ナオ「金の国 水の国」(小学館フラワーコミックスαスペシャル刊)
 【テーマ曲(劇中歌)】
 「優しい予感」「Brand New World」「Love Birds」  Vocal:琴音(ビクターエンタテインメント)
 【スタッフ】
 監督:渡邉こと乃  脚本:坪田 文  音楽:Evan Call
 アニメーションプロデューサー:服部優太  キャラクターデザイン:高橋瑞香  美術設定:矢内京子
 美術監督:清水友幸  色彩設計:田中花奈実  撮影監督:尾形拓哉  3DCG監督:田中康隆、板井義隆  特殊効果ディレクター:谷口久美子
 編集:木村佳史子  音楽プロデューサー:千陽崇之、鈴木優花  音響監督:清水洋史
 アニメーションスーパーバイザー:増原光幸 
 プロデューサー:谷生俊美  アソシエイトプロデューサー:小布施顕介
 【アニメーション制作】マッドハウス
 【配給】ワーナー・ブラザース映画

 ©岩本ナオ/小学館  © 2023「金の国 水の国」製作委員会

 【映画公式サイト/映画公式Twitter】kinnokuni-mizunokuni-movie.jp 
 【映画公式Twitter】@kinmizu_movie #金の国水の国 #最高純度のやさしさ
 【本予告】https://www.youtube.com/watch?v=ZxYh-ezfyDk