/平浩二 公演中にくも膜下出血で倒れ、緊急搬送

平浩二 公演中にくも膜下出血で倒れ、緊急搬送

 「バスストップ」のヒット曲で知られる歌手の平浩二(72)が5日の公演中に「くも膜下出血」で倒れ、下関市内の病院に搬送されたことが6日、わかった。

 同日、公演を主催する「夢グループ」が発表。平は5日の『夢スター春・秋』コンサート九州ツアーの初日の下関公演出演中に、突然の頭痛に襲われ、「音が聞こえない」と体調不良を訴えたために、下関市内の病院に搬送。検査の結果は「くも膜下出血」と診断されたといい、6日早朝に緊急手術のため、下関から県内の大学病院にヘリコプターで搬送されたという。

 これを受け、6日に出演予定だった日田市民文化会館、菊池市文化会館、同7日に出演予定だった水俣市文化会館、同8日に出演予定だった鹿屋市文化会館はすべて出演を中止。夢グループは「回復を祈念し見守って参ります」としている。