/早乙女太一 人生で一番熱い舞台!すみれ女優デビュー作に松原千明から「よくなった」

早乙女太一 人生で一番熱い舞台!すみれ女優デビュー作に松原千明から「よくなった」

早乙女太一 人生で一番熱い舞台!すみれ女優デビュー作に松原千明から「よくなった」
さっそうと会見に現れた早乙女太一

 俳優・早乙女太一(20)が5日、東京・明治座での舞台『早乙女太一特別公演』初日を前に女優・すみれ(21)、波乃久里子(66)、俳優・松村雄基(48)、堤大二郎(50)、山本亨(51)、桜木健一(64)、演出家・岡村俊一とともに会見を開いた。

 今回は第1部『GOEMON ?孤高の戦士?』(演出・岡村)、第2部『早乙女太一 舞踊/剣舞・影絵』(演出・綾部心一)という2部構成で開かる。『GOEMON-』は紀里谷和明氏(44)原案のもので、戦国時代末期の義賊・石川五右衛門(早乙女)の生き方を大胆にアレンジした迫力の舞台。一方、『舞踊/剣舞・影絵』は、youtubeで250万回再生を誇り、世界を魅了する早乙女の華麗なる太刀さばきなど、動と静が渾然となったもの。

 それぞれ舞台のメークを施し衣装姿で登場。早乙女は、3月の名古屋から公演を通して、「名古屋から1ヶ月もないんですけど、何回もやってますけど、新鮮な気持ちでやります」と、意気も高い。一方、同舞台で女優デビューするすみれは、「初めての舞台ですけど頑張りたい」と、少し緊張気味だが、早乙女の演技を見て「踊りまで感動していた」と、得るものがあるよう。

 同所で早乙女の舞台の演出が3度目になる岡村は、「早乙女太一の舞台ここに極まれりというものになっています」と、ベタ褒めで、「速さと静けさで、動きの中にペーソス(哀愁)があって20歳でこんなやつがいたらかかってこいという感じですね」と、早乙女を高評価し、これには早乙女も笑みがこぼれる。

早乙女太一 人生で一番熱い舞台!すみれ女優デビュー作に松原千明から「よくなった」

 「一人ひとりのエネルギーがすごい」という早乙女だが、一番動きまわるのはもちろん石川五右衛門役の早乙女。「人生で一番熱い」と相当な運動量のようだが特別なトレーニングはしていないのだとか。そんな必死という早乙女は、すみれへ「あんま(早乙女を)見てないですよね」と、からかうと「見てますよー!」と、ほおをふくらませ、すみれは、「汗ダラダラですごい運動量ですよね。これじゃなきゃというエネルギーがある」と、しっかり感想を。自身の演技については、すみれは父・石田純一(58)と母・松原千明(54)から感想をもらっているそうで、「パパはよかったねと軽い。ママは自分の初舞台よりは大丈夫だったと言ってくれました」と、感想を話すと、波乃が「お母さまがよく育てたんです。お母さまに感謝ですね」と、強調し笑いを誘った。

 また、会見終了後、妻で女優・藤谷美和子(49)が自宅付近で猫の世話をするなどして生活していると以前、報じられていた岡村に、報道陣が集まったが、「それ(藤谷のこと)はいいよ。それはいいよ」と、本サイト記者らの肩を軽くポンポンと叩くと、早乙女について、「普通の商業演劇で3時間で覚えるところを彼は1時間30分で覚える。覚えるのが本当に早い。ぜひ一度、見てほしい!」と、目を輝かせながら熱く語っていた。

 『早乙女太一特別公演』は本日5日から27日まで同所にて開催!

早乙女太一 人生で一番熱い舞台!すみれ女優デビュー作に松原千明から「よくなった」
早乙女太一
早乙女太一 人生で一番熱い舞台!すみれ女優デビュー作に松原千明から「よくなった」
すみれ
早乙女太一 人生で一番熱い舞台!すみれ女優デビュー作に松原千明から「よくなった」
波乃久里子
早乙女太一 人生で一番熱い舞台!すみれ女優デビュー作に松原千明から「よくなった」
堤大二郎
早乙女太一 人生で一番熱い舞台!すみれ女優デビュー作に松原千明から「よくなった」
松村雄基
早乙女太一 人生で一番熱い舞台!すみれ女優デビュー作に松原千明から「よくなった」
桜木健一
早乙女太一 人生で一番熱い舞台!すみれ女優デビュー作に松原千明から「よくなった」
山本亨
早乙女太一 人生で一番熱い舞台!すみれ女優デビュー作に松原千明から「よくなった」
岡村俊一
早乙女太一 人生で一番熱い舞台!すみれ女優デビュー作に松原千明から「よくなった」
第1部『GOEMON ?孤高の戦士?』ポスター
早乙女太一 人生で一番熱い舞台!すみれ女優デビュー作に松原千明から「よくなった」
第2部『早乙女太一 舞踊/剣舞・影絵』ポスター