/山本太郎 人生初の入社式に照れる!太陽光発電を東京電力に売り込み!?

山本太郎 人生初の入社式に照れる!太陽光発電を東京電力に売り込み!?

 脱原発を訴え所属事務所を退社した俳優・山本太郎(37)が18日、太陽光発電施工事業を展開する『ソーラーリフォーム社』(横浜市)に就職し、入社式に参加した。

 山本はクリーンエネルギーを手掛ける同社に賛同し、就職を決意。週5回法人を相手に太陽光発電を売り込む営業を担当していくと報じられていた。

 19日付のスポーツニッポン、日刊スポーツ、東京中日スポーツ、サンケイスポーツ、スポーツ報知、デイリースポーツ各紙が報じており、知人を通じて同社社長と対面し、意気投合したことから就職が決定。3ヶ月ごとに更新する契約社員としての採用で、所属は営業部になったとのこと。

 ほかの社員とともに社長から辞令を受け取った山本は、「入社式は初めての経験なので、ちょっと固まった」と照れながらも「ソーラーパネルを家庭に普及させたい。その現場に立てるのは意味があること」と、すでに意思は固い。

 一般家庭も訪れるそうで、早速、報道陣と名刺交換し営業活動も行い、「クリーンエネルギーを広げることが脱原発にもつながる。東京電力にも売り込む?いいですねぇ」と、やる気はマンマンだ。

 「(俳優として)今の自分が使いづらいのは重々承知しているが、ぼくにも一定の収入は必要ですから」と説明し、「不安定な状態が続いたので、とりあえず母親に仕送りしたい」と、笑顔を見せることも。

 山本は現在、東京都中央区のル・テアトル銀座で舞台『美輪明宏版椿姫』に出演中だが、会社から芸能活動も認めてもらっているようで、「会社には個人の活動の方も自由にやっていいと言っていただいているので心強い」と、胸をなでおろしていた。