/スギちゃん“ワイルドキャラ”忘れ小動物に涙目!「ビビリだぜぇ」

スギちゃん“ワイルドキャラ”忘れ小動物に涙目!「ビビリだぜぇ」

小さなワニにブルブル!

 “ワイルド”ネタで人気沸騰の芸人のスギちゃん(38)が9日、都内で映画『マンイーター』(監督:グレッグ・マクリーン/配給:フェイス・トゥ・フェイス + ポニーキャニオン)公開記念イベントをワニと行った。

『マンイーター』はオーストラリアの大自然が舞台にした、その名の通り人間を食べる巨大生物が登場するパニックアクション作品。超凶悪な人食い生物に遭遇してしまった密林クルーズに出かけた9人は謎の生物に突如攻撃を受ける。なんとか小島に逃れた一行だったがひとり、またひとりと水中に引きずり込まれていく…

映画『マンイーター』公開記念イベント

「ワイルドに生まれて38年、スギちゃんだぜぇ(^-^)!」と意気揚々と登場したスギちゃん。『R-1グランプリ 2012』で準優勝した“ワイルド”を売りにしたトークを繰り広げながら、作品について「ひとりで夜に見たぜぇ、めちゃめちゃ怖かったぜぇ…」と苦笑い。「昔彼女とホラー観に行ったらスギちゃんの手ベトベトだったぜぇ、ビビリだぜぇ…」とカミングアウトして笑いを誘った。

 作品にちなみ小型のワニがステージにあらわれると「やだー! むりー!」と人目をはばからずに絶叫。“ワイルド芸”を投げ捨て、額に汗を浮かべるガチのリアクションで報道陣を爆笑させた。イベント終了後に行われた人生初という囲み会見では「別に隠すところは何にもないぜぇ」と吹きながら「ブレイクして毎日お仕事いただいてるぜぇ。寄ってこなかった女性が寄ってくるように。モテモテだぜぇ…いつかスッパ抜かれないようにしないと」と感慨深く語った。

 報道陣から「遊んでる関係?」と聞かれると「手をつなぐだけの“手フレ”だぜぇ。それ以上はいかないぜぇ。手をつないで動物園に行くだけの純情な感じだぜぇ」とつぶらな瞳を輝かせた。ちなみに現在の“手フレ”はというと「いま1人か2人だぜぇ。今後は増やしていこうぜぇ」と主張していた。

 また、「ブームがスギちゃう?」と聞かれると「夏は超えられないと思ってるぜぇ。だから皆にはもう会えないぜぇ。短期決戦、着ボイスとかで一気に稼いで田舎に暮らそうと思ってるぜぇ」と意外な回答。「ユニットバスだけど普通のカーテン使ってるぜぇ、ワイルドだろ?」とワイルドアピールしていた。

 また報道陣から「ワニを前にビビっていてがっかり」と指摘されると「それは人それぞれだぜぇ…こんなに温厚なんだぜぇ。“ワイルド”は5ヵ月前からだぜぇ。その前は普通のネタやってたぜぇ」と笑いを誘い「先月の給料は2万4千円。お金が入ったらお金を払って女性をいっぱい部屋に呼びたいぜぇ」とデリバリー願望を語り報道陣を爆笑させた。

「もしかしてさっきチビってました?」と聞かれると「チビったりはしてないけど、パンツベタベタだぜぇ」と率直な答え。リアクション芸を勧められると「ビビリはビビリだぜぇ。自分ではあんまり考えてない。素直に生きていきたい」と殊勝に語り「ドラマ、映画、芝居をやってみたい。そんなに面白いことを考える人じゃない」と赤裸々に語っていた。

 4月14日(土)より、渋谷TOEIほかにて全国ロードショー!

映画『マンイーター』公開記念イベント
映画『マンイーター』公開記念イベント
映画『マンイーター』公開記念イベント
映画『マンイーター』公開記念イベント
映画『マンイーター』公開記念イベント
映画『マンイーター』公開記念イベント
映画『マンイーター』公開記念イベント
映画『マンイーター』公開記念イベント